ウィンブルドンテニス観戦ってどんな感じ!?テニス本場の雰囲気は最高〜!

こんにちは!

Koharu e-Life in NYへようこそ!

 

7月1日から14日間の予定で開催されている2019年のウィンブルドンテニスチャンピオン。

中日の昨日日曜日は、休息日としてウィンブルドンはお休み。

選手は皆、休日をゆっくり過ごし体力を蓄えたのでしょうね〜。

 

日本の錦織選手も今年はこの中日の日曜日を勝ち残り選手として過ごすことができ、本日試合があります!

ここまでストレートなどいい感じで試合をして来た錦織選手。

今日もどんな試合を見せてくれるか楽しみですね〜。

 

今日は、数年前ではありますが、ウィンブルドンの観戦をして来た時の写真で会場の雰囲気などをご紹介したいと思います。

 

 

ウィンブルドンの会場って?

ウィンブルドンはロンドンの郊外にあるテニスコートです。

ロンドンの中心部からは地下鉄で行けるので、とっても便利。

Wimbledon park駅とSouthfield駅の両駅からいけますが、私はSouthfield駅から歩いきました。

駅からは、それほど遠くなく一本道で15分くらいでつきましたよ〜。

駅の椅子までウィンブルドン仕様で、テンションが上がりますよね〜。

会場へはチケットごとに順路が違いますが、順路が道路に書いてあったりして、わかりやすくなっています。

(当日券の買い方についてはこちら
 →ウィンブルドンテニス大会が始まりました!!これからでもチケットを取る方法!

 

会場に行くと目に入ってくるのは、とても素敵な花たち。

建物の緑やベージュを基調としているので、とても自然とマッチして、とても素敵です。

自然のお花、そしてつたが絡まる雰囲気がとってもイギリスっぽい感じです。

アメリカのUS Openとは雰囲気が少し違うような気がします。

紫と白のお花の色と、つたの緑の色って、ウィンブルドンのロゴと同じ色合いなんですね〜。

 

(出典:wimbledon公式サイト)

試合が行われるのは、センターコートから19番コートまでの20コート。

地図でわかるように、真ん中にセンターコートが位置しており、コート1、2、3は会場の外側に面した場所に設置されていて、観客席の多いコートになります。

 

チケットの種類によって見れるコートが変わってくるので、自分のチケットがどれに当たるのか、どこのコートで誰が試合をやっているのかを調べてからコートを選びたいですね。

 

 

コートの雰囲気は?

4番コートから19番コートは誰でもがみれるようなコートになっています。

多くの人たちが行き交い、立ち止まってみています。

自由席なので、試合の間などに入れ替えがあるので、好きなところに座れます。

 

会場には他の試合のスコアーがあるので、誰がどこでどんな試合をしているのかを見ることができます。

 

そして、グランドチケットでも行ける大きなコートは第3コートへ行ってみました。

試合が始まる前に少々並びますが、いい席に試合開始からみれました。

第3コートはこんな感じ

指定席の部分もありますが、私のチケットのようなものでも、自由席でしっかり見れます。

私が座った席の正面にセンターコートが!

第3コートからセンターコートのスコアも見れるので、そちらも気にしながら試合状況を追っていけますよ。

プレイしている選手がとても近いので躍動感が感じられてドキドキしますよ!

 

第3コートの試合が終わってからは、センターコートの試合がみれるモニターのある広場へ。

まだナダルの試合がやっていました!

奥にロンドンの中心部が見えていますね。

グランドチケットで入った人たちはこの広場で座ってピクニックしながら観戦を楽しむんです。

この日は、天気も良くて本当に気持ちよかったです。

 

 

試合が終わってからはWimbledon shop で買い物して帰りました〜。

とっても素敵な会場で試合にはドキドキしましたが、会場には癒された感じです。

 

Wimbledon(The All England Lawn Tennis Club)の場所:

Church Road, Wimbledon, London, SW19 5AE

 

 

まとめ

テニスの発祥の地イギリスでのウィンブルドン。

芝のコートという自然を相手にした4大大会の中でも難しい大会です。

 

会場は、イギリスの雰囲気をとても出していて、お花やつたがいっぱいのイングリッシュガーデン風で、広場では芝生の上で見ることもでき、とても癒される雰囲気ですよ〜。

 

まだ行かれたことがない方は、もしよければこの雰囲気を味わってきてくださいね。

大好きな会場になることは間違い無いと思います。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください