NY州マスク奨励ビデオコンテスト?【ファイナリスト5作品】

こんにちは!

Koharu e-Life in NYへようこそ!

 

コロナウィルスが流行り、マスク着用が義務付けられているNY。

普通ではNYなどアメリカではマスクは滅多にしません。

しかし、今年はコロナウィルスの流行により、

マスクをしなくてはいけないんですよね〜。

それが何よりも自分を守り、周りの守るのだという考えに基づき、

NYでは皆マスクをつけるよになりました。

 

そんなマスク着用のために奨励ビデオのコンテストがNY州で行われたので、ご紹介します。

 

 

マスク奨励ビデオ(Wear a Mask New York Ad Contest)のコンテスト

なんとNY州で

マスク奨励ビデオのコンテスト

なるものが開催されていたのです。

 

今、なぜマスクが必要なのか?

それは、

Respect You

なのです。

クオモ州知事もしきりに言っていますよね。

 

マスクは周りの人をケアする!

NYではそういう風にマスクを捉えています。

 

そんなことを伝えるビデオです。

 

今後、経済再開が各地で相次いできますが、

その時にマスクがあるとないとでは大きな違いです。

 

それを真剣に考えたNY州はこう言った形で市民を巻き込み

みんなでこのテーマを考えたということですね。

 

私は全然知らなかったのですが、

600本以上のビデオの応募があったそうです。

 

その中からすでにファイナリスト5人まで選ばれていて、

一番いいものをみんなで選ぼうというもの。

みなさんも投票できるのもいいですよね。

 

 

Finalistの作品5つ

作品1:That Guy – Plastic Tree Productions

That Guy – Plastic Tree Productions

 

作品2:We ❤ NY – Bunny Lake Films

We ❤ NY – Bunny Lake Films

作品3:Do The Right Thing – Ian Bell

Do The Right Thing – Ian Bell

作品4:We are Compassion. We are New York – Skyline99 Studios

We are Compassion. We are New York – Skyline99 Studios

 

作品5:You Can Still Smile – Natalia Bougadellis

You Can Still Smile – Natalia Bougadellis

投票の仕方

投票の方法は簡単。

このサイトから自分の好きなビデオ作品に印をつけるだけです。

 

サイトはこちら

 

投票期間は

5月20日から5月25日!

 

発表は

5月26日です!

 

優秀作品に選ばれた作品は

今後州の広告に使用されるんです。

 

誰でも投票できるので、

是非投票してみてはいかがでしょうか?

 

自分が選んで作品が広告に使われたら

嬉しいですよね〜!

 

 

まとめ

新型コロナウィルスの状況下、マスクの大切さが見直されています。

 

普段は絶対マスクなどつけないNew Yorkerですが、

今はみんなつけています。

 

そして、今後もスムーズにそしてこれ以上の被害を出さないために

マスクの必要性が見直されているということですね。

 

是非、ビデオを見て考え直し、投票してみてくださいね。

 

最後まで読んんでくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください