全米オープン(US Open)テニス観戦、電車でいく?それとも車で行く?

こんにちは!

Koharu e-Life in NYへようこそ!

2019年の全米オープン(US Open)テニスの本戦も昨日から始まりましたね〜!

錦織選手、西岡選手共に無事一回戦突破しました!

今日は昨年のチャンピオン大坂選手の試合がありますし、明後日の水曜日は錦織選手、西岡選手の試合がありますね〜。

 

「会場に足を運んで生の試合をみたい!」

なんて方も多いと思います。

 

そこで、今日は、全米オープン(US Open)テニスの会場までの行き方についてご紹介したいと思います。

(US Open テニスの記事はこちら
 →もうすぐ全米オープンテニス2019! 会場は?荷物は?2018年を元にお得な情報の総まとめ!

 

 

全米オープン(US Open)テニスの会場って?

全米オープン(US Open)テニスの会場はNYにあるUSTA ナショナルテニスセンターという場所で開催されます

NYといえば、多くの人がマンハッタンの摩天楼や自由の女神などを想像する方が多いとは思いますが、実はNY州はマンハッタンだけでなくかなり大きい州なんです。

NYのシティと呼ばれる場所だけでも

  • マンハッタン
  • クイーンズ
  • ブロンクス
  • ブルックリン
  • スタテンアイランド

と5つのボローと呼ばれる地域に分かれています。

それ以外にも私の住んでいるウエストチェスターの地区があったり、ロングアイランドという地区があったり、ナイアガラの滝の地域もNYなんてちょっと驚く方もいるかもしれませんね。

そんなNY、少し地下鉄や電車に乗ると急に雰囲気が変わりるところが多いのですよ。

 

この全米オープンの会場であるUSTA ナショナルテニスセンターもマンハッタンとはちょっと雰囲気の違うクイーンズという場所にあります。

 

USTA ナショナルテニスセンターは、NYのクイーンズ地区、フラッシングメドウパーク内にあり、正式にはUSTA Billie Jean King National Tennis Centerと呼ばれています。

 

Billie Jean Kingといえば、伝説の女性選手で映画「バトル オブ ザ セクシーズ」でも話題になった選手ですよね。

女子テニス協会を設立しテニスを通して男女平等を求めた選手として有名です。

その功績をたたえて、USTA Billie Jean King National Tennis Centerと名付けられました会場なんです。

 

 

US Open会場に電車で行くには?

「どうやって行くんだろう〜」

と迷われる方もいると思います。

NYへ観光できている方なら電車ですぐにいけるので電車がオススメです。

 

最寄駅は地下鉄の7番の「Mets Willets Point駅」

US Open テニスの会場は、なんと野球のMets Citi Fieldと同じ駅なんです。

 

改札を出ると片側がCiti Field、反対側が全米オープンの会場です。

Citi Fieldの方が駅の目の前なので、すぐわかります。

そちらの階段に出てしまったら、是非、反対側にいってみましょう〜。

橋が見えると思います。

そちらの方向が、全米オープンテニスの会場です。

センターコートであるArthur Ashe Stadium(アーサーアッシュスタジアム)や昨年新しく改築されたLouis Armstrong Stadium(ルイアームストロングスタジアム)が見えるのでわかると思います。

地下鉄の7番でマンハッタンの「Times Square」からだいたい40分くらい。

Mets Willets Point駅」という駅で降りましょう。

 

またPenn Stationという駅からは電車も出ています。

Long Island Rail RoadのPort Washingtonラインで、最寄駅は「Mets-Willets Point駅」。

Penn Station駅から17分位と、とても早くつくんです。

しかも

「The LIRR will be operating extra trains stopping at Mets Willets-Point Station on the Port Washington Branch for the 2019 Mets Home games, and the US Open Tennis events through September 8, 2019」

と電車のサイトに書いてあるように、

野球のメッツの試合がある日や、US Open テニスのある期間は、電車を増量してくれるというので助かりますね〜。

だいたい30分に1本の割合で発車する感じです。

電車は地下鉄よりも本数が少ないので、電車で行かれる方は是非時刻表を調べてから行かれるといいですね。

 

 

US Open会場に車で行くには?

私のようにこちらに住んでいて、しかも地下鉄の通っていない地域に住んでいると車の方が断然楽に行けます。

そんな方のために車で行く方法も書いておきますね。

携帯のナビ機能を使って行かれる方は

USTA Billie Jean King National Tennis Center

と入れると場所を示してくれますよ。

それでもでない場合は、

Flushing Meadow – Corona Park, Flushing, NY 

とGPSに入れてみてください。

私はいつもこの方法でちゃんと行けています。

 

会場のそばに行くと警備の方が駐車場まで案内してくれるのでそれに従っていきましょう。

US Open Parkingの列にならべば駐車場につきますし、わからなければ係の人に直接聞けば並ぶ場所を教えてくれます。

駐車場についたら一日駐車場代をはらい、空いている場所に駐車するだけです。

一日の駐車代は25ドルです。

 

無事駐車できたら、橋のかかった駅の方に向かいましょう。

この橋を登ると会場まで行けます。

 

このまままっすぐ橋を渡りきればUS Openの会場につきます。

初めてだと

「車を停める場所を見つけられるかな?」

と不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、今まで何回も車で行っていますが、私の場合は、一度も停められないなんてことなかったです。

また、メッツのCiti Fieldの駐車場もUS Openに開放しています。

駅を跨いで反対側ではありますが、高速を降りてすぐに入れる場合もありますので、便利に使えそうな場合は、そちらに停めてもいいですね。

駐車代は、同様に一日25ドルです。

 

 

まとめ

年に一度のUS Openテニス。

無事に楽しく見るためにも行く方法がわかっていると安心ですよね。

写真をたくさん使って電車での行き方と車での行き方をご紹介してみました。

参考にしていただけたら嬉しいです。

是非、US Openテニス観戦を楽しんできてくださいね〜。

行ってらっしゃーい!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください