トレジョのジャガイモを使って、アメリカのジャガイモを徹底調査!

こんにちは!

Koharu e-Life in NYへようこそ!

 

ジャガイモは好きですか〜?

私は大好きです!

ジャガイモはとっても便利でいろんな姿に形を変えて、食を楽しくしてくれますよね〜。

コロッケにマッシュポテト、フレンチフライ、ポテトチップだってジャガイモからできています。

炭水化物でお腹にたまるし、美味しいしですし、食事に、スナックに欠かせない食材ですよね。

 

トレジョにも色々な種類のジャガイモが売っています。

料理によって適したジャガイモがあるのでしょうか?

 

今日は、そんなトレジョに置いてあるジャガイモを使って、ジャガイモの特徴をご紹介したいと思います。

 

*トレジョのフルーツについて
 →果物の秋!トレジョのフルーツ大研究!!

*トレジョのりんごについて
 →トレジョのりんご、色々食べ比べ!

 

 

ジャガイモの歴史

ジャガイモは、ペルー南部のアンデス地方にあるチチカカ湖が発祥の地。

インカ帝国である15Cから16C頃、新大陸を発見したスペイン人によって「お土産」としてヨーロッパに伝わったようです。

ヨーロッパでは、それまで小麦を主食としていたようです。

でも、小麦よりジャガイモの方がいくつかのメリットがあったようです。

  • 生育までの期間が短い
  • 寒冷地でも育つ
  • 生育までの世話と手間が少ない
  • 1ヘクタールに換算した収穫カロリー数が多い
  • 踏み荒らされると打撃の多い麦より、地下で育つジャガイモは強い

 

このような理由から、ヨーロッパでは小麦に変わってジャガイモが多く食べられるようになって行ったようです。

そして、そのジャガイモは18Cになるとアイルランド人の移民によって、北アメリカに持ち込まれ、今のようにアメリカでもたくさん食べられるようになったんですね〜。

 

今ではこの「ジャガイモ」は、「米、小麦、とうもろこし」と並んで世界4大作物となっていますね。

 

トレジョに置いてあるジャガイモ

日本だと男爵だったりメークイーンのような種類を多く見かけますよね〜。

男爵だったら、マッシュポテトやコロッケなどがいいし、メークイーンなら煮崩れしにくいのでカレーやシチューに使うといいなんてされています。

 

アメリカのジャガイモにもそういった適したお料理があるんです。

せっかくならお料理にあったジャガイモを使いたいですよね〜。

 

トレジョにも常備何種類かのジャガイモが置いてあるので、1つづつどんな特徴があるのかご紹介します。

Russet Potato

Russet Potatoは日本でもよく名前をきくアイダホポテトの別名

アイダホ州ではアメリカ全体の13%もジャガイモが作れられているんですって。

アイダホ州はそんなジャガイモの生産高が高いことから「Potato State」と呼ばれることもあるそうですよ〜。

まるで、NY州がりんごの生産が高いから「Apple State」と呼ばれるのと同じですね。

 

そのアイダホでよく作られているのがこのRusset という種類のジャガイモなんですね。

ラセット(Russet)は「褐色」という意味。

このラセットポテトの特徴が、大きくて、こい茶色の皮をしていています。

 

日本の男爵と似ていて、でんぷん質が豊富で、茹でたり蒸したりと熱を加えるとホクホクした感じになりますよ〜。

合う料理

マッシュポテトベイクドポテトフレンチフライ(フライドポテト)

 

 

 

Gold Potato

Gold Potatoはメークイーン似のジャガイモ

Yukon Potatoという種類で、アメリカでは「Gold poteto」「Yellow potato」と呼ばれています。

薄く滑らかで黄色味(金色)がかった皮をしていて、ジャガイモの目は少ないのが特徴です。

煮崩れしにくいのに、しっかり風味もあるのも特徴ですよ〜。

合う料理

煮物料理、シチューやカレー

 

Red Potato

表面が薄い紅色のRed Potato

日本だとさつまいもの色と似ているので、間違われてしまうかもしれませんね。

中はジャガイモと同じく白っぽい感じでさつまいものの黄色とはちょっと違います。

ねっとりとしたような感じで味がしっかりあります。

合う料理

サラダ、ロースト、炒め料理、ボイル

 

Potato Medley

 

Potato Medleyは皮が濃い紫や黄色、赤のものが混じり合ったもの。

この皮が濃い紫は中の色も同じく紫色で「Blue poteto」と呼ばれていたりします。

このBlue Potatoは抗酸化物質として酵素が関与する有害な反応を減弱したり除去する物質だそうです〜。

ナッツのような風味があるとのことです。

皮はむかずに食べやすい大きさに切って調理できますよ〜。

色々な色があるので、食卓が賑やかになりますね〜。

合う料理

炒め物、彩の良い料理

 

 

Teeny Tiny Potato

Fingerling Potatoとも呼ばれるこのTeeny Tiny Potato。

普通のジャガイモよりも数段小さい大きさです。

皮が薄いので剥く必要がなく手間が省けるのもいいですね。

半分など食べやすい大きさに切ってもいいし、この位の大きさなら、そのまま使ってもいいですよね。

ホクホクとした美味しさがありますよ〜。

合う料理

炒め物

 

 

まとめ

アメリカと日本ではジャガイモの種類も違い、どの種類を使えばいいのだろうと悩んでいましたが、

Russel Potetoが男爵

Gold Poteto はメークイーン

に似ていることがわかり、これからお料理に活かせそうです。

 

日本にはないカラフルなジャガイモも使って食卓を楽しくしたいと思います。

是非、皆さんも楽しく美味しい食事の時間のために適した材料を見つけてみてくださいね〜。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください