The New Yorkerの表紙のイラストが素敵 【購読がおすすめ!】

こんにちは!

Koharu e-Life in NYへようこそ!

 

最近はインターネットの普及に伴い雑誌を買う人も少なくなっていると思います。

でも、私は雑誌や本はネットよりも実物を手にして見る方が実は好きなんです。

 

アメリカでの雑誌購読は1冊づつ買うよりもとってもお得なので、今も何冊か定期購読をしています。

私が購読している雑誌の一つにThe New Yorkerという雑誌があります。

せっかくNYにいるのだからと取り始めた雑誌で、中身も結構面白く読めるのですが、何と言っても表紙がとっても素敵。

今日はNYでとても有名な雑誌The New Yorkerの表紙絵についてご紹介したいと思います。

 

 

The New Yorker って?

NYの有名な雑誌って何?

と聞かれたら

ニューヨーカー

と答えるほど、NYではThe New Yorkerを知らない人はいないのではないでしょうか?

 

「The New Yorker」はコンデナスト社が発行するNYの雑誌です。

始まりは、New York Times のレポーターだったハロルド ロスとその妻のジェーン グランドが1925年2月17日初めて創刊しました。(2月21日号)

ほぼ毎週発行される週刊誌ですが、年に5回ほど2週間に1回の2週間号があり、年間に47冊発行されます。

 

内容はその時話題の時事ニュースだったり、NYでのイベント情報なども豊富に紹介されていてNYではもちろんニューヨーク以外にも人気の雑誌なんです。

 

中はイラストも多く、絵を学んだ私にとっては英語の勉強になると同様絵を見るのもとても勉強になる雑誌なんです。

特に表紙のイラストは本当に素敵。

毎週楽しみにしていて、実は表紙だけずっとファイルにストックしているんですよ〜。

 

 

The New Yorkerの表紙

The New Yorkerの表紙はその時期や季節、その時の話題にあったイラストを載せています。

例えば現在はコロナウィルスで大変な時ですよね。。。

するとそれに関係する表紙を持ってきています。

例えばこれは 3月9日号です。

マスクを目につけるトランプ大統領。

アメリカではあまりマスクをつける習慣がないのですが、このように大きなマスクで目を覆うとはマスクで見えないように蓋をしているといったところでしょうか。

 

表紙が大統領

大統領はある意味時の人なので、表紙になることも多々あります。

何かある政治の問題になるたびに表紙絵で紹介されるんですよね〜。

面白いものがいくつもあるのでご紹介します。

 

などなど。

沢山表紙になっています。

特にBlittというイラストレーターはこのトランプ大統領を多く扱っているし、彼の作品が多く用いられているようですね〜。

 

 

時期的なイラスト

そして時期的なイラストも沢山あります。

冬の寒いNYのイラスト

アメリカといえば野球。

開幕戦のあたりにはこのような野球の表紙になります。

NYにも2つの大きな球団を持っていますよね。

開幕戦を楽しみにしている人も沢山いるということですね〜。

夏になるとこのイラストのようにアイスクリームだったり、海岸だったりの表紙が多くなってきます。

秋に新学期が始まるアメリカ。

アメリカでは入学式があるわけでもないので、新学期の始まりは毎年絵のような光景が見受けられます。

友達との再会を楽しみにしている子もいたり、大好きなお母さんと離れて過ごす不安な子もいるんですよね。

サンクスギビング

サンクスギビンギにはだいたいターキーのイラストが表紙になります。

サンクスギビングは日本のお正月のような物なので、皆楽しみにしているんですよね〜。

クリスマス

クリスマスはアメリカではとっても大切な行事。

多くの人が生のクリスマスツリーを飾ります。

こんなイラストのような風景も目にすることもあるんですよね〜。

 

The New Yorkerの記事は?

The New Yorkerの記事は時事ニュースが多く載っています。

表紙でもそうですが、例えば今だとコロナウィルスの話題でいっぱいです。

一番最近届いた3月30日号では、本当に沢山のニュースが載っていました。

イラストもかなり誇張された感じになっていますよね。

 Lockdown(都市封鎖)の記事もイラスト付きの記事で紹介されています。

レストランでの店内飲食が禁止になりデリバリーやピックアップだけになった記事や

誰も乗っていない地下鉄の写真なども掲載されています。

どの記事にも写真やイラストが載っているので誰にでも読みやすくなっているのもいい点ですよね!

 

 

The New Yorkerは購読がおすすめ

もしThe New Yorkerを続けて読みたいな〜と思った方は1年購読するととってもお得なんです!

一冊だと$8.99なのに、1年購読で47冊さ飲むと1冊が$2.99で買えてしまうというびっくりのお値段設定。

私はNYに住んだらいくつかしたいことがあったのですが、その一つにいくつかの好きな雑誌の年間購読というのがありました。

なので、迷わずこのThe New Yorkerも年間購読していますよ〜。

毎週家に素敵な表紙の雑誌が届けられるのを子供のように楽しみにしています!

 

 

まとめ

毎週届けられるThe New Yorker。

中身の内容もとっても興味深いのですが、何と言っても表紙のイラストが素敵です。

時事問題を感じることができるイラストだったり季節を表していたり。

額に飾ってNYを楽しんでいる人も友達にいたりします。

私もいつか額に入れて飾ってみたいな〜と密かに思っています。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください