NYの新名所 ガラス張りのワン バンダービルト【サミット】

こんにちは!

Koharu e-Life in NYへようこそ!

2022年のNYマンハッタン。

コロナ後、観光客が全くいなくなったマンハッタンですが、2022年のマンハッタンの街角は観光を楽しむ各国からの観光客の方が増えてきました。

日本ではまだ日本入国の際にPCR検査が必要ですが、アメリカでは検査も必要なくなったのも観光客が増えた理由でしょうね。

そんなNYマンハッタンでは新しい観光場所が人々を魅了しています。

今日は2021年9月にオープンした新しい観光場所

ワン バンダービルトの展望台【サミット】

をご紹介します。

ワン バンダービルトの【サミット】って?

NYマンハッタンの新名所ワン・バンダービルトサミットはミッドタウンにある地上1,401フィート(約427m)の超高層ビルの中の展望台の名称。

なんと33億ドルという総工費をかけられ、2016年から工事が始まり2021年9月にオープンしました。

「サミット」はそのワン・バンダービルトの最上部にあたる地上91階から93階までの3フロアに作られた展望台なんですね〜!

NYCで最もスリリングな場所と言われています。

私もこの場所に訪れて、スリリングさをあじわいましたが

それはもう圧巻!!

きらきらひかる異次元の世界に引き込まれたような錯覚に陥りますよ〜。

今NYで最もインスタばえする場所と言っても過言ではないと思います!

ワン・バンダービルト「サミット」の値段は?行き方は?

ワン・バンダービルトは42丁目のバンダービルト・アベニューとマディソン・アベニューの間にあります。

グランドセントラル・ターミナルの西側から地下で直結しているビルなので天気が悪くても濡れずに行けるのでとっても便利です。

それに暑い日でも涼しいまま行けるのもいいですよね。

私が行ったのはとてもお天気のいい日だったの地上から行きました。

同じ42丁目にあるグランドセントラルやクライスラービルがとっても綺麗に見えましたよ!

Summitに上がるに42丁目の入り口から入ります。

入り口を入ると地下へ行くエレベータが目に入るのでまず下へ行きましょう〜。

そこは地下鉄の4、5、6、7、S線の改札。

一つ階段で上に上がると…

Summitの入り口があります。

入り口には係の方がいるのでその方から腕につけるバンドをもらいます。

それを腕につけて時間になったら並びましょう。

(サミットのチケットを購入する際は時間を指定して行きます)

私はチケットをネットで買って行きましたが、持っていない方はここでも買えるようですよ〜。

(ネットでのチケット購入はこちら→Summit

チケットの種類は3つ。

出典:Summit

私は昼間のSummit Experienceにしました!

夜だと子供も大人料金と同じで上の表より10ドルアップになります。

NY在住でクレジットカードの登録住所がNYになっている方は割引があるので是非そちらを利用してみてくださいね。

Summitへ登ってみよう〜!

チケットの情報の入った携帯を手に並んでいると…

まずは荷物検査のゲート。

そこを越えると今度はチケット確認のゲート。

ネットで購入したQRコードを携帯でチェックしてもらい入場です。

入場すると黒いビニール袋が渡されて、何かと思っていたら…

「履いて」と言われます!

Summitに上がるにはビニールの靴カバーをしないといけないんですね〜。

土足で家の中まで入る国には珍しいですね!

Summitってどんなところ〜って余計に期待が膨らみます。

記念撮影をしたりしながら順路に沿って行くとエレベーターエリアに到着。

遊園地のアトラクションに入ったみたいです。

暗いエレベーターエリアからエレベーターに乗り込むときらびやかなガラス張りがお目見え!

扉が閉まると…

急に暗くなり音とともにガラスのエンターテイメントの始まりです!

まさにアトラクションに乗ったみたい!

あっという間に91階へ到着!

そしてエレベーターを降りると異次元の世界、全面鏡の展望台「Air」へ!

一面鏡、鏡、鏡!!

そこに映り込んだ人たちと景色がなんとも不思議な世界です。

鏡が鏡を写して無限ループ∞

なんか歩くのがちょっと怖い気がします。

そして注意しなければ行けないのが

「スカート履いてたら、中が丸見え….」

ということ!

是非、Summitに行くときはズボンを履いて行ってくださいね〜。

あと、サングラスもお忘れなく。

ガラスに光が当たってかなり眩しいですよ〜!

入り口でもらったビニールの袋は履いているのは汚れ防止ですね。

ヒールなどを履いていたらとても滑ると思うので運動靴など平らなもので行かれるのがいいと思います!

お天気のいい日を選んで行ったので最高の眺めです。

こちらはエンパイアーステートビルと昨年行ったハリソンヤードのエッジの方角。

ハドソンリバーやNJ側が見えてますね。(↓)

こちらはクライスラービルとメットライフの方角(↓)

奥に見えるのはイーストリバーとクイーンズ、ブルックリンエリアですね。

こちらは北側に広がるセントラルパーク側(↓)

細くて高いビルが所々に建ってますね。

そして同じ42丁目にあるブライアントパークNY図書館も綺麗に見えます。(↓)

そしてこちらは南側(↓)

遠くのダウンタウンにワン・ワールド・トレード・センターが見えます。

十分全面鏡の展望台「Air」を楽しんだ後は日本を代表する芸術家草間彌生さんの作品が置いてあるお部屋へ。

草間彌生さんはNYではとっても人気のアーティスト。

このワン バンダービルトはニューヨークを拠点に活動するケンゾー・デジタルが手がけたものですが、草間彌生さんの作品にも似たものがありますよね〜。

このCloudsは彼女の2019年の作品です。

そしてその次に足を運ぶのは

バルーンが浮かぶ「AFFINITY」エリア。

様々な大きさ、硬さの銀の風船がたくさん置かれた部屋です。

風船は誰もが手で触れるので大人も子供も手にとって触っていましたよ〜。

風船をみんなが触ることで、上がったり下がったりするので、そこに映し出されるアートは二度と同じものにはならないというのが面白いですよね〜。

時折、「バン!」という大きな音が聞こえ破裂していましたので是非気をつけて優しく風船を扱ってくださいね〜。

エスカレーターを使って上の階に行くとそこは吹き抜けの上段階。

1つ下の階ではどうなっているのかよくわからなかったのですが、こんな感じになっているのね〜とここでようやく気づきます。

少し人も少ないのでここでも綺麗な写真が撮れますよ!

そしてこの92階の目玉は…

ガラス張りの出っ張ったエリア「Levitation

ビルから透明の箱が出っ張っていてそこで写真を撮影できます。

私も恐る恐る近づいて…写真を撮っってきましたよ。

下まで透けて見えるのでなんかゾクゾクします(笑)

そして雲のようなエリアをとおって…

一つ上の階にはApresというカフェエリアがあります。

ちょっと飲み物を飲みながら一休みもいいですよね!

テラスにも出れます。

93階の風を受けながらお花が綺麗に咲いていました〜。

外にもドリンクエリアがあるので是非空の下、喉を潤してみてくださいね。

Ascent ticketを購入すれば…

93階から窓ガラス張りのエレベーターに乗って上の階まで行けますよ〜。

床が窓ガラスでスケスケなのできっと怖いんでしょうね〜。

勇気のある方は是非乗ってみてはいかがでしょうか?

One  Vanderbiltのお土産屋さん

観光地に行ったら外せないのがお土産やさん。

ワン バンダービルトのSummitの93階にお土産屋さんがあります。

NYの可愛いマグやTシャツ、

ポーチやエコバックなども置いてあります。

可愛い♡

そして草間彌生さんに関係するものもたくさん見つけられますよ〜。

本やマグネットなど…

気に入ったものが見つかるかもしれませんね〜。

お土産屋さんは入場階と同じフロアーにもあり、Summitへのチケットがなくても入れるので、お土産だけ購入したい方も行かれてみてくださいね。

One Vanderbilt

住所:45 E 42nd St, New York, NY 

まとめ

2022年のマンハッタン観光で外せないのが昨年できた超高層ビルのワン バンダービルト!

サミットという展望台の様子をご紹介しました。

昼に行っても十分楽しめましたが、夜は綺麗な夜景が見えるんだろうな〜とまたきたくなりました!

高いところが大好き〜、スリルを味わってみたい、異次元空間を体験したいなんて方は是非行ってみてくださいね〜!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください