上田城東虎口櫓門を入ってすぐの【真田神社】

こんにちは!

Koharu e-Life へようこそ!

信州上田にある上田城。

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」の戦国武将「真田幸村」のゆかりの地としても有名です。

その上田城の東虎口櫓門を入ってすぐに神社があります。

今回はその神社「真田神社」をご紹介します。

真田神社はどこにあるの?

この立派な鳥居、そしてその先に見えるのが真田神社です。

この真田神社は上田駅から約1キロの上田城の中にあります。

神社がある場所が、結構驚きの場所!

写真を見てお分かりだと思うのですが、東虎口櫓門を入ってすぐ!

門をくぐると目の前に神社の鳥居が見えるのがお分かりでしょうか?

上田城本丸跡に鎮座するのがこの真田神社ということになるんですね。

お城といえば門をくぐると大きな建物が見えると思うのですが、

この上田城は城跡ということでお城はなく、この真田神社が見どころの1つとなっているんですよ。

真田神社はどんな神社?

真田神社は、真田氏、仙石氏、松平氏という歴代の上田城主を祀られている神とした神社です。

今は真田神社とされていますが、

元々は上田城主となった系統の藤井松平氏の初代忠晴公(のちの忠山)の御霊を祀る忠山社が起源となっています。

明治維新の変革の中、旧上田藩士や旧領内有志により、旧藩主松平氏への報恩のため、上田城跡に松平神社として上田城に建立されました。

その後、上田市にゆかりのある真田氏と仙谷氏、松平氏の歴代全城主を合祀して、松平神社から上田神社と改称。

のちに初代城主である真田氏の名をつけて真田神社と改称し、今に至っているそうです。

今では真田家の家紋の六文銭が神社のいたるところに見られます。

鳥居付近には真田信繁(幸村)公が身に着けたといわれる巨大な鹿角脇立朱塗兜もあり、写真スポットとしてもとってもいいですよ〜。

神社にはどんなものがあるの?

青年眞田幸村(信繁)公之像

真田神社には真田幸村にまつわるものが沢山あります。

上の写真は得意の槍で出撃命令を下す若い頃の眞田幸村(信繁)の像。

真田幸村公の兜松

そしてこちらが真田井戸。

場内でたったひとつの大井戸。

この井戸には抜け穴があって、いろいろなところに通じていたそうです。

時には食料をここの抜け穴から仕入れていたこともあったそうですよ〜。

絵馬も沢山ありますよー。

というのはこの上田城は徳川氏に2回攻められ、その2回とも落とされずに済んだんです。

その「落ちない」城ということで、合格祈願にご利益があると言われているんですね〜。

社務所には「ねがい玉」というのもありました〜。

後利益ありそうですね。

そしてこの神社には伊勢神宮の内宮遙拝所があります。

この長野から伊勢は離れていてなかなかお参りができないので、ここに

内宮遙拝所を作ってここで拝めば伊勢神宮に行ったのと同じようにご利益があるというのです!!

伊勢神宮の方向の矢印もあるのでそちらを向いて拝みましょう!

そして御朱印もありますよ〜。

最近、御朱印を集めだした私なので、

もちろんこちらでもただきます。

真田神社の御朱印もありますが、城印もありますよ〜。

御朱印の種類も色々と季節によって違ったり、種類もあるようなので

好きなものを選べます。

とてもカラフルで素敵なので、是非いただいてみてくださいね。

まとめ

上田城内にある真田神社。

真田氏ゆかりのものが沢山あり、とても興味深いところですよ〜!

上田城に行けばもれなく見ることができますよ!!

是非行かれてみてくださいね!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください