コロナ感染か調べる方法【抗原検査キットの使い方】

こんにちは!

Koharu e-Life へようこそ!

コロナのオミクロン株の感染がすごい今日この頃ですね。

毎日コロナ感染者の人数が最多を更新しています。

そんな中、コロナかどうかを見分けるのがとても大切ですよね。

その時に必要な抗原検査キット。

今回はこの抗原検査キットの使い方をご紹介します。

抗原検査キットの使い方

最近の感染者の増加でこの抗原検査キットが不足していて大変ですよね。

そんな中、手に入れることができたので使い方をご紹介します。

というのも、先日友人2人にコロナ陽性が出てしまったんです。

外ですが、一緒に過ごす時間があったことから、濃厚接触なのかどうなのか…

保健所からの電話を待つこと数日、必要ない外出は控えなくてはいけなくて…

自分でもコロナにかかっていたらどうしようという気持ちも強くなって

とりあえず抗原検査をしてみました!

結果は陰性。

抗原検査で、PCR検査より不確かなことは知っていますが、

それでも陰性だとちょっとホッとしますよね。

では、使い方ですが…

1. 綿棒を取り出しそれを鼻に入れ、奥の方で回転させる
1つの鼻が終わったらもう片方の鼻にも入れて回転させる
その際、綿棒の綿のついた部分は絶対触らないこと

2. 綿棒を添付の筒の中に入れる。
筒の中には液体が入っているので、そこに綿棒についた粘液をしっかりつける

3. 筒に蓋をしてその先から添付の検査棒の右側の小さく丸い部分に3適くらいたらす

4. 検査棒をそのまま15分おく

検査方法はこれだけ。

検査の結果の見方は?

まずCのところにだけラインが出たら陰性

CとTのところ2本にラインが出たら陽性

Tのところにだけラインが出たら無効(うまく検査できてない)

です。

ということで、私のは Cのところだけにラインが出ているので陰性ということですね。

まとめ

日々増えるコロナ患者。

いつ自分が調子が悪くなるかもしれないし、

濃厚接触者になるかもわかりません。

そんな時、抗原検査キットの使い方を知って入れば

すぐに検査できますよね。

でも、是非予防してコロナに気をつけてお過ごし下さいね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください