コロナ禍ペットと一緒に飛行機で日本からアメリカへ行く方法!

こんにちは!

Koharu e-Life in NYへようこそ!

コロナ禍でも色々な理由で海外に行かなくてはいけないこともありますよね。

そんな時、家族であるペットを連れて行かなくてはいけない…なんてことも

きっとお有りかと思います。

私もやんごとなき理由でコロナ禍ではありますが

愛犬とともに日本からアメリカに入国しました!

この方法や情報を同じような状況の方と共有するために

コロナ禍ペットと一緒に飛行機で日本からアメリカ入国方法!

を記録、そしてご紹介しておきたいと思います。

日本からアメリカへペット輸出の手続き

既に何回か犬と一緒に飛行機に乗る方法については

ご紹介して来ました!

(→犬や猫と飛行機で日本やアメリカに行く方法!意外と簡単!?

 →ペットのアメリカ-日本間飛行機での旅行、必要手続き&書類はこれでバッチリ!

今回はコロナ禍に日本からアメリカにいく方法です。

まず私の場合前提として…

  1. 犬や猫にマイクロチップを埋め込んでおく 
  2. 狂犬病予防注射(不活化ワクチン(inactivated / killed virus vaccine))1回目 
    狂犬病予防注射(不活化ワクチン(inactivated / killed virus vaccine))2回目 
    (1回目から30日以上あけ、ワクチンの有効期間内に行います)
  3. 狂犬病抗体検査(血清検査)(表の手順3)
    (アメリカの場合、獣医を通してカンサスステイトユニバーシティーで行います)
  4. 血清検査から180日間待機 

を行なっていました。

もし、ここまで行なっていない方は、

是非犬や猫と飛行機で日本やアメリカに行く方法!意外と簡単!?

の記事をよく読んでここまでお進みください!

この前提をやってらっしゃる方は以下の通りです。

1. 飛行機会社に犬を乗せる旨伝え予約

飛行機会社に犬を乗せる旨伝え予約をします。

これは自分の飛行機チケットを購入する際に伝えればいいでしょう。

私の場合はDelta航空。

飛行機会社によって一機に乗せられるペットの数に

制限があるので是非お早めに連絡することをお勧めします。

電話で申し込みさえしておけば、あとは当日に

受付カウンターで犬の料金(デルタの場合$200)を支払い

犬の持ち込み(私はキャビン持ち込みでした)用の

タグをもらってケージにつければOKです。

キャビン持ち込みの場合は飛行機によって

収納できるケージの大きさが変わって来ますので、

お気をつけください。

2. 「狂犬病予防法及び家畜伝染病予防法に基づく犬の輸出検査申請書」を提出

出国する7日前までに

狂犬病予防法及び家畜伝染病予防法に基づく犬の輸出検査申請書

を日本の検疫所に提出しましょう。

提出はメールでOK

書き方などは検疫所の方にメールでお聞きすると

迅速丁寧に教えてくださいます。

是非、搭乗当日に間違いのないようにメールでしっかりやりとりをしましょう。

3. 出国の輸出検査(出発時)の予約を入れる

日本の検疫所に搭乗当日(または前日も可)にペットの検査の予約を入れましょう。

私は出発の3時間から3時間半くらい前に検査を入れました。

メールで検疫所の方とやりとりをしていると指示してくださいますので

それに沿ってやるのもいいですね。

検査は羽田空港であれば国際空港の隣にあるビルです。

CIQ棟の4階になります。

このCIQ棟には駐車場もあるので検査の間はそこに停めて大丈夫のようです。

搭乗日当日の持ち物

持ち物は以下のものです。

●輸入検疫証明書(前回輸入時当所より発行した書類 )
●狂犬病抗体検査証明書(指定検査施設発行のもの)

輸入検疫証明書(前回輸入時当所が発行した書類)

これは日本に以前入国したことがあれば持っているはずです。

(是非、入国時、無くさずに大切に保管しておきましょう。)

この原本が必要になります。

狂犬病抗体検査証明書(指定検査施設発行のもの)

こちらは血清検査をした際にいただいた書類です。

私の場合はアメリカのカンサス州立大学でのものが2枚。

こちらも原本でないと受け付けてくれないので是非注意してください。

飛行機に搭乗当日

無事手続きを済ませ、必要書類を持ったら

いよいよ搭乗当日です。

1.輸出検査に余裕を持った時間で入る

搭乗当日は予約しておいた輸出検査に余裕を持った時間で入りましょう。

時間はさほどかかりませんが、前の検査が長引いて待たされてしまうことも

ありますので、是非お気をつけて。

検査が終わると輸出検疫証明書タグをいただけます。

タグはケージにつけましょう。

2.航空会社の受付カウンターで料金支払い

検査が終わったら搭乗飛行機会社の受付をしましょう。

人間のチェックインとともに犬のチェックインも行います。

ここで犬の搭乗料金(我が家の場合は$200でした)を支払います。

お支払いが済むとタグがもらえるのでケージにつけます。

3. 荷物検査ボディチェックの前に入る前にペットの散歩

ここで大切なのが荷物検査に入る前にペットを散歩させること

特に日本だと一度荷物検査を超えてしまうと

犬などのペットはケージに入れたままになってしまいます。

おしっこなどの用をたす場所も空港にはないため

外に出れるうちに少し散歩をさせてあげるといいと思います。

海外の空港であればペット用のトイレが空港にあるところが多いです。

また、飛行機をおりさえすればペットをリード付きで歩かせることもできます。

私の場合、乗り換え便だったので、

そこで空港内を歩かせたりペットのトイレに行かせてあげることができました!

(→犬を連れての飛行機旅、空港でのトイレはどうしてる?

4. ペットと一緒に荷物検査ボディチェック通過

ペットとお散歩が終わったら荷物検査ボディチェックに入りましょう。

キャビンに持ち込みの場合は犬などペットも一緒に通過します。

自分の荷物をベルトコンベアーに乗せ、

犬はケージからだしケージをベルトコンベアーに乗せます。

犬を抱っこしたまま一緒にボディチェックに進みます。

通過できれば通常通り荷物を取り

犬をケージに入れて搭乗ゲートに向かいます。

5.ペットと一緒に搭乗

搭乗ゲートについたら飛行機に乗るまでしばしくつろぎましょう。

ペットはケージに入れっぱなしなのでリラックスできるように

落ち着かせてあげましょう。

搭乗の際は、チケットは人間の分のみで大丈夫です。

ケージにしっかり入れて搭乗しましょう。

席に着いたら足元の荷物置き場にペットの入ったケージを仕舞えば完了。

あとは到着までペットとリラックスして飛行機を満喫しましょう。

6.アメリカでは必要書類を提示し入国

アメリカに着いて飛行機をおりたら、

入国検査の際に犬がいる旨を伝え必要書類を提示しましょう。

私の場合は乗り継ぎ便でしたので、流れに沿って入国。

その際、「犬の書類を見せて」と言われ、

輸出検査の際に検疫所からいただいた輸出検疫証明書を

提示しました。

この際、輸出検疫証明書は手元に返ってくることを確認しましょう。

まとめ

今回は日本からアメリカへの犬との搭乗方法をご紹介しました。

コロナ禍ということでしたが、通常通りの方法で問題なくできました。

事前には色々とドキドキしますが、ちゃんと流れに沿ってやって入れば大丈夫。

私は検疫所の方の指示をなんども仰ぎ、確認させていただいたので、

漏れもなくちゃんと日本出国、そしてアメリカ入国ができました。

私と同じようにペットと一緒に飛行機でアメリカに行こうとされている方の

参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください