スペイン・バルセロナのおとぎの国グエル公園!【行き方・営業時間】

こんにちは!

Koharu e-Life in NYへようこそ!

 

スペイン バルセロナには素敵なおとぎの国のような公園があります。

この公園、建築家としてよく知られるガウディが作ったグエル公園(Park Güell)

実はこの公園は本来は実業家エウゼビ グエルの依頼でガウディが1900年から1914年に取り掛かった集合住宅。

この見晴らしのいい場所に広場や道路などが作られ60軒もの計画があったというのに結局はガウディと実業家のグエル本人たちが買ったたったの2軒しか売れなかったということです。

 

今はこの土地は市の公園として寄付され、一般に公開されています。

今日は、そんなグエル公園(Park Güell)をご紹介します。

 

バルセロナの観光スポットについてはこちら
スペイン・バルセロナの観光おすすめ12選【詳細情報あり】

 

 

スペイン・バルセロナのおとぎの国!?

  

このグエル公園(Park Güell)は何と言っても可愛らしい公園なんです。

1984年に「バルセロナのグエル公園、グエル邸、カサ・ミラ」の名称で世界遺産に登録された素晴らしい公園なのですが、重々しい感じとは全く違いおとぎの国のようなんです。

 

スペインの画家サルバドール・ダリはこの公園の入り口に建っているコンシェルジェと門番の家を見て

「砂糖をまぶしたタイル菓子のようだ」

と言ったとのこと。

本当におとぎ話のお菓子の家というのがぴったりですね。

 

グエル公園には無料ゾーンと有料ゾーンがあります。

(青の部分が有料)

このお菓子の家は有料ゾーンにあるのでチケットを購入して入る形になります。

 

私はせっかく行ったので有料ゾーンに入ってきましたので、写真でご紹介していきますね。

 

 

グエル公園(Park Güell)

チケットは行く途中にオンラインで購入しそれを見せて入場。

日本語のパンフレットも置いてあったので、1つ手にして公園内へ出発です。

公園の地図が掲示されているので、大体の位置感を掴みます。

 

管理人室 コンセルジェ

はじめに目に入ってきたのが高い塔のある可愛い建物。

今はお土産屋さんになっているのですが、当時は集合住宅の管理人室(コンセルジェ)として建てられたものだそうです。

白いタイルの屋根がダリの言うように砂糖をまぶしているようで美味しそう。

 

門番の家

並んでお隣にあるのが門番の家。

今はガウディの展示場になっているので並べば中に入れます。

ガウディについての映像を見ることができたら当時の古地図などがあり興味深いのでお時間あれば是非入ってみてくださいね。

建物の中からはこんな感じでグルエ公園のメイン階段を一望できますよ〜。

 

ドラゴンの階段 (The Dragon Stairway)

このグルエ公園といえばこの階段は外せませんよね。

周りにはタイルで模様が可愛らしく作られています。

自然を愛するガウディはこのタイルも工場のいらなくなった材料だったり陶器の破片を使ったと言うことです。

カサミラの鉄の門も鉄屑で作っているなど、ガウディは本当にエコな人だったんですね〜。

そんな廃材を使ってこんなに素晴らしいアートが作れるなんて本当に素晴らしいの一言です!

この階段には2つの噴水があります。

残念なことに私が行った時は水は流れていなかったのですが、写真をとってので載せておきます。

一つがカタルーニャ州の州の旗の色赤と黄色をデザインにした蛇の顔の噴水

もう一つが、カラフルなドラゴン。

この階段の上にあるラ ナトゥーラ広場から流れてきた雨水がこれらの噴水の元となっているそうです。

人気の場所なので、写真をとるのに列ができていることもありますよ〜!

多柱室 (The Hypostyle Room)

あいにく私が行った時は工事中だったのですが、ここには柱がいっぱい。

集合住宅計画では市場になる予定だったそうです。

柱の上にはラ ナトゥーラ広場の波打つ可愛いタイルがデザインされていて素敵ですね。

ラ ナトゥーラ広場 (The Greek Theatre)

私が行った時は、生憎の工事中だったのですが、それでも少し中に入れました。

有名な波打つベンチ。

カラフルなタイルがお見込まれていて本当に可愛いですね〜。

見渡す限りのバルセロナの景色を見ながらゆっくりしたくなります。

波打つベンチには、Trencadísというモザイクの技法で作られたタイルが埋め込まれています。

Trencadísとはカタルーニャ語で「切り刻まれた」を意味しているようで、まさにタイルが決め刻まれていますね。

ガウディはカタルーニャの建築家ジュゼップ マリア ジュジョール(Josep Maria Jujol Gibert)と一緒にこTrencadísの技法を使ってベンチを作ったそうです。

遠くの方にはバルセロナの海も見えて人気のスポットになっています。

ここに集合住宅ができていたらなんて綺麗だったのでしょうか!

 

ガウディの家

集合住宅の夢は崩れましたが、ガウディが購入した家は残っています。

可愛いピンクの家にスペイン風の模様がデザインされています。

今はガウディの博物館になっています。

この日もたくさんの人がガウディの家に入っていましたよ〜。

 

高架橋

この公園には沢山の橋や回廊があります。

それは全て自然と調和のとれた木のような作りになっていますね〜。

石やレンガで組み合わせられたもので無料部分にあるので誰でも見学することができますよ。

丘の上の方に行くと散歩道もあり、時間がある方は是非散策してみてはいかがでしょうか?

 

お土産屋さん

管理人の家にあるお土産屋さん。

ガウディの作品もたくさん売っています。

グルエ公園をモチーフに書いたこんな素敵な絵も飾ってあり、夢の世界に迷い込んだような気分になります。

ガウディのカサミラのタイルも売ってます。

ガウディの作品がこんな可愛いマグネットになっています!

お土産にいいですよね〜。

 

 

グルエ公園の行き方と営業時間

私は地下鉄L3 でバルカルカ(Vallcarca)駅から15分くらい住宅地を歩いていきました。

でもあとで調べてみると有料部分のチケットを持っていたら無料バスが出ているそうです。

(チケットにこの無料バス代も含まれています)

地下鉄L5のAlfons X駅にバス停があるようでそこから頻繁にバスが出ているようなので、使った方が簡単にしかもお得に行けると言うことですね。

バス乗り場は、Alfons X駅のPlaca d’Alfons el Savi出口そばにあるようなので是非それで行ってみてくださいね。

住所:

 08024 Barcelona, Spain

営業時間:

5月上旬〜8月下旬 :8:00~21:30

10月下旬〜3月下旬 :8:30~18:15

上記以外の期間    :8:00~20:30

 

サイトはこちら→Park Güell

チケットはグエル公園(Park Güell)のサイトのticketから購入できます。

 

 

まとめ

せっかくスペインバルセロナに行ったなら思いっきりガウディ作品を見たいですよね。

ここグエル公園は一つの建物だけでなく、公園全体がガウディによってデザインされているので見所沢山です。

バルセロナの中心部とはちょっと離れていますが、無料バスもあるので、是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

 
 
 
 
 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください