NYCマラソン参加!レースの不安を解消できる豆知識をご紹介!

こんにちは!

Koharu e-Life in NYへようこそ!

 

(出典:NYRR)

いよいよカウントダウンのNYCマラソン。

毎年11月1週目の日曜日に行われるNYCマラソンまであと5日になってきましたね〜。

この時期NYにきている観光客の皆さんも、今週末の日曜日はNYCマラソンでマンハッタンはお祭り騒ぎですので、是非、楽しんでみてくださいね〜。

 

今日は、そんなNYCマラソン2019に参加する方のためのレースの豆知識ついてご紹介したいと思います。

 

NYCマラソンのコースは?

NYCマラソンは

NYCの5ボロースタテンアイランド

  • ブルックリン
  • クイーンズ
  • ブロンクス
  • マンハッタン 

を回るコースだというのはよく知られていますよね〜。

沿道にはたくさんの一般市民の方が、ランナーを応援することでも有名です。

ランナーにとっても応援する方にとっても知っておきたいのがレースコース。

   
(出典:Course Map

一番近い地下鉄の番号やアルファベットも書いてるので、応援に駆けつける時にはわかりやすくていいですよね〜。

そしてランナーの方はエレベーションも知りたいところですよね。

(出典:Elevation Chart

このようになっているので、坂のところは是非無理せず行きましょ〜。

 

 

NYCマラソンのスタートポイントとゴールポイントは?

スタートラインはスタテンアイランドのヴェラザノ ナローズ橋 (Verrazano-Narrows Bridge)。

一般ランナーは、4つのWave、そして3つの色に別れてスタートします。

スタート時は多くのランナーがいるので、なかなか思うように走れないようですのでゆっくりした気分でスタートすればいいですね〜。

まだ疲れていないうちに橋の上で写真なんか撮るのも後から思い出になるでしょうね〜。

 

ゴールは、セントラル・パーク内の67th Street のWest Drive

一般の人の入場を制限したセントラルパークでのゴールになります。

もしゴールを見たい方は、セントラル・パーク内にあるGrandstand Seating tickets購入しましょう〜。

普通のレースなのにお金を払って見るなんて、とっても本格的ですね!

さすが世界6大マラソンの一つですね。

 

 

応援の人はどこでレースを見れるの?

残念ながら、スタートポイントやクイーンズボローブリッジでは応援はできません。

でもWABC-TV, Channel 7 でテレビ中継されるようですので、チェックしてみてください。

そしてゴールでも一般の方は応援できないので、どうしてもゴールを生で見たい方は上で書いたようにセントラル・パーク内にあるGrandstand Seating ticketsを購入しましょう〜。

 

それ以外では沿道で応援ができます。

上に地図を載せましたが、応援用にチェアゾーンという場所が設置されています。

それが下記の場所です!

 

Fourth Avenue, Brooklyn (Miles 2–4)

Williamsburg and Greenpoint, Brooklyn (Miles 10–13)

Pulaski Bridge (Mile 13.1)

New Balance Mile 16 Block Party (First Avenue at 62nd Street)

First Avenue, Manhattan (Miles 16–18)

East Harlem (Miles 18–20) 

Fifth Avenue, East 90th Street-East 105th Streets (Miles 23–24)

Charity Cheer Zone, First Avenue at East 120th Street

 

バンドを繰り出して音楽をする方もいれば、沿道で声をかける方もいる。。。

もしご家族やお友達の方が応援に行きたい言ってくれていたら、チェアゾーンがいいかもしれませんね〜。

 

レース後はご家族との待ち合わせはFamily Reunionがいいかもしれませんね!

Central Park Westの61丁目から66丁目にアルファベット順に設置されています。

(出典:Central park west finish line map)

 

NYCマラソンのアプリ

出典:TCS NYC Marathon Tata Consultancy Servecies (NYCマラソンのアプリ)

NYCマラソンのアプリがあります。

これをいれておけば誰がどこを走っているかがわかるようですよ〜。

 

 

NYCマラソンのコースアメニティー

レース前は当日の体調管理は持ち物の用意をしますよね〜。

その上で、コースではどんな飲み物が出るのか、食べ物って出るのかな〜と疑問が湧いてきます。

NYCマラソンの

  • コース給水所
  • ハイドレーションゾーン
  • ニュートリシャンステーション
  • ニュートリシャンステーション
  • Biofreeze™ Relief ゾーン
  • トイレ

が設けられているので、ご紹介します。

 

コース給水所

コース中の給水所は3マイル(4.8km)目から25マイル(40km)目まで、1マイル(1.6km)ごとに設置されるそうです。

置かれているものは、

  • ポーランドスプリングの水
  • ゲータレードのレモンライムフレーバー(17マイルの場所以外)

給水所のテーブルはコースの両側に設置され、1つ目のテーブルでの混雑を避けるため、次のテーブルからカップを取る方がいいようですよ〜。

そして、カップをとったら、別の方が取りやすいようにその場を直ちにどきましょう〜。

 

ハイドレーションゾーン

17マイルの時点にはポーランドスプリングのハイドレーションゾーンが設けられているようです。

お水があるのはもちろん音楽などで応援してくれるようです!!

 

ニュートリシャンステーション

  • エナジージェル : オレンジエナジーゲルが11マイル地点と、18マイル地点にはアサイ、ざくろ、フルーツスムージー、バニラ、ストロベリーキューイの味のジェルが置いてあるようです!
  • チキータバナナも20-23マイルの間の給水所に置かれているようですよ〜。

42.195キロはとてつもない長さです。

体力も消耗することは間違いありません。

是非、水分補給、エネルギー補給を忘れずに行いましょう。

Biofreeze™ Relief ゾーン

20マイルゾーンにお好みのスプレーやジェルが提供されています。

間違えて口から入れるのはやめましょう〜。

 

トイレ

ホータブルトイレが3マイル(4.8km)目から25マイル(40km)目まで、1マイル(1.6km)ごとに設置されるそうです。

 

スタート地点のトイレ

スタート地点では1500以上の簡易トイレがスタートビレッジやスタートコラールに設置されます。

レースコースにも3マイル(4.8km)目から25マイル(40km)目まで、1マイル(1.6km)ごとに設置されるそうです。

トイレに行きたくなったら、前もって並びましょう!

 

Course Amenities

 

 

制限時間

 ラストのWaveがスタートした後、スウィープバス(回収バス)は1マイル15分ペース(ゴール目標時間6時間半)で走り出します。

そしてこのバスは、ポストフィニッシュエリアまで行きたい人を乗せゴールに向かいます。

バスが通過した後は、一般の交通が解放され、横断歩道のプロテクションや、医療アシスタントや様々なステーションが回収されるので使えなくなるようです。

このバスが通過してももしゴールに向かいたいランナーは、歩道を走って行くことはできます。

オフィシャルの終了時間は一応7:25に設けられています。

それまでにゴールできるといいですよね〜。

 

 

まとめ

フルマラソンを走るのは色々と不安がつきますよね。

NYCマラソンのような大きな大会なら尚更です。

不安は、ちょっとした知識で解消されることもあるかもな〜と思い、NYRRから発表されているちょっとした豆知識をご紹介しました。

飲み物、トイレという基本的な情報を得るだけでもきっと安心して走れるのではないでしょうか〜。

NYCマラソンまで、後5日、是非、怪我や病気には気をつけてお過ごしくださいね〜。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください