NYメトロノースの切符の買い方!注意点はこれ!

こんにちは!

Koharu e-Life in NYへようこそ!

 

NYの一番大きな駅といえば、グランドセントラル駅。

マンハッタンの真ん中42丁目にあり、地下鉄のグランドセントラル駅とメトロノースの電車のグランドセントラルターミナルが一緒になった駅です。

建物もとっても素敵で、ニューヨーク観光でも外せないポイントですよね〜。

 

メトロノースはNYのウエストチェスターやコネチカット方面に行くには欠かせない電車。

「恋に落ちて」などの映画でも舞台になった素敵な電車です。

今回は、そんなメトロノースの電車の切符の買い方をご紹介します。

 

*グランドセントラルのツアーについて

 →NYグランドセントラルのツアー!駅のトレビアをいっぱいゲット!!

 

 

メトロノースの切符の買い方

チケットのタイプを選ぶ(左上下から右上下)

  • 片道
  • 往復
  • 1週間(土曜ー金曜)
  • 1ヶ月
  • Gateways/パッケージ(イベントなどと切符のパッケージ)
  • 他の切符(10回券、シニアなど)

行き先を選ぶ(この場合は、前画面でOne wayを選択、この画面でGrand Central to Another stationを選択)

  • グランドセントラルから他の駅へ
  • 他の駅間の組み合わせ

行き先の駅名の最初の頭文字をタッチする

駅名が出て来るのでそれをタッチする(この場合は全画面でWを選択しています)

チケットのタイプを入力します。

  • ピーク (グランドセントラル着5am-10am, グランドセントラル発5:30am-9am&4pm-8pm
  • オフピーク (ピーク以外)
  • シニア/メディケア(5am-10amのピークは適用されない
  • 障害者/メディケア

チケットの枚数を入力します。(上段が大人用、下段子供用)

  • 大人(12−64歳)
  • 子供(5ー11歳、5歳以下は無料)

子供用切符はオフピークと週末はファミリー料金1ドルで売られる。

子供の切符の違うタイプ全ては’All other tickets’ へ行って購入。

オプションでメトロカード(地下鉄の切符)をつけますか?

  • なし(メトロノースの切符だけ)
  • 地下鉄のカードもつける

購入方法を選択する

  • 現金
  • ATM -デビットカード
  • クレジットカード
  • もっとチケットを購入するばい選択

トータルの金額が出て来るので支払う

これでチケットの購入のプロセスはおしまいです。

受け口に切符が出てきます。

もちろん、グランドセントラルなど窓口に人がいる場合はそちらでも購入できます。

 

チケットが購入できたら、プラットフォームを画面で探し切符をもって電車に乗る

プラットホームの番号は2桁が1F、3桁が地下です

画面は青、赤、緑に色分けしてあります。

  • 青:ハーレムライン
  • 赤:ニューヘーブンライン
  • 緑:ハドソンライン

 

 

メトロノースに乗る時、切符を買う時の注意点

メトロノースも乗り慣れると難しくないのですが、初めての方は色々と迷うこともあるかもしれないので、いくつか注意点をご紹介します。

切符は駅で買う方が安い

メトロノースは改札があるわけではなく、来ている電車に飛び乗れます。

そして切符は車内で電車が発車してから、検札に来る車掌さんからも買うことができます。

一見便利の見えますが、実は、車掌さんから切符を買うと、ものすごく高いのです。

しかもキャッシュしか使えません。

駅ではキャッシュやカードも使えるし、安いし。。。切符は駅で買った方がお得ですね〜。

また、よく乗る方は1ヶ月券、1週間券、10回券の回数券があるので、それを購入しておけば、飛び乗れますし、割引があってお得ですよ。

 

切符を機械で買う時、お釣りは小銭しか出ない

駅の機械で切符を買う時ですが、例えば、5ドルのものを10ドル札で買うとします。

すると5ドル分、1ドルコインで出て来ます。

お金には変わりないので、これだとお財布はパンパン!

できるだけお釣りのないような方法で買った方がいいですね〜。

 

そしてお釣りはコイン9ドルまでしか出ませんので20ドル札で10ドル以下の切符は買えないということですね。

 

郵便番号がない場合は「99999」を押す

メトロカードを購入する時、クレジットカードを使用すると、郵便番号を聞かれます。

日本からの旅行客の方はアメリカでの郵便番号を持っていないですよね。

そんな時は、「99999」を押しましょう。

すると次の画面にいけますよ。

覚えておくと便利な番号ですね。

 

 

まとめ

慣れない外国の機械、英語で表示されるとそれほど難しくないことでも戸惑ってしあうことってありますよね。

是非、前もって知っていると簡単に感じさっと切符も購入できるのではないでしょうか?

 

是非、NY旅行で楽しむためにも色々と下調べしてから行ってくださいね。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください