ここにもあったペットのトイレ【NYのLGAとシカゴORD】

こんにちは!

Koharu e-Life へようこそ!

海外に住んでいるとどうしてもペットと一緒に飛行機に乗らなくてはいけないことが出てきますよね。

私もその一人。

狭い飛行機なのでできるだけペットに負担をかけたくないと思ってしまいます。

機内では散歩もできず用も足せないのでできればどこかで済ませておきたい…と考えるのは親として当たり前ですね。

今回私が使ったNYのラガーディア空港とシカゴのオヘア空港でペットのトイレがあったのでご紹介します。

以前「犬を連れての飛行機旅、空港でのトイレはどうしてる?(ミネアポリス版)」を掲載しましたが、1つでも多くのトイレ情報があるといいですよね。

NYのラガーディア空港のペットのトイレ

私がいつけたのは、ラガーディア空港のターミナルB。

ゲートに行くまでの通路脇にありました。

人間の女子トイレや男子トイレのそばにあり、とってもわかりやすい場所です。

中に入って見ると…

可愛い犬の絵のパネルが壁に飾られています。

ペットのトイレエリアには置物のワンちゃんまで待っていてくれてて可愛い!

芝生が敷いてあって、これならわんちゃんもお散歩している感じで楽な気分で用が足せますね。

芝生にはすでに他の犬も用を足しているので、匂いがあるようで、すぐにクンクンして用を足してくれるのもいい点です。

使った後はちゃんと後始末もお忘れなく。

こちらにはうんち用バッグが入っているのでそれでうんちを取ってゴミ箱に捨てましょう。

そしておしっこしたところには備え付けのシャワーで流しましょう。

飼い主が手を洗うところもあるので清潔でありがたいですね。

シカゴのオヘア空港のペットのトイレ

こちらは乗り換えで使ったシカゴのオヘア空港Cターミナルのペットのトイレです。

やはりゲートの通路に人間のトイレと同じように備え付けられています。

中に入って見ると、ラガーディア同様シャワーが付いていますね。

我が家のわんちゃんも中に入るなりクンクンし始めました〜。

道路にもした消火栓も置いてくれているのできっとわんちゃんもお散歩気分が味わえますね。

そして、用を済ませた後はちゃんとシャワーで流して綺麗にしましょう。

ここには3つルールが書いてありました。

  1. ペットを置き去りにするのはやめましょう
  2. リッシュをつけて使用しましょう
  3. 使い終わったら綺麗にしましょう

です。

飼い主としては当たり前のことですね〜。

アメリカではサービス犬と言って、病気の方のケアをするわんちゃんがいます。

その犬は飼い主と一緒に飛行機に乗れることになっているのでそのためにも飛行場にはこう言ったトイレが必要なんですね。

旅行で行き来するわんちゃんにもとってもありがたいサービスです。

日本の羽田空港や成田空港にはこう言ったサービスはないので早く着くといいですね〜。

まとめ

機内で一緒に旅行するペット。

長いフライトの間トイレをずっと我慢しなくてはいけませんよね。

搭乗するゲートのそばにペット用のトイレがあったら本当に安心。

今回はそんな飼い主の方のためにラガーディア空港とオヘア空港のペット用トイレをご紹介しました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください