NYでも人気、やっぱりすごい!【草間彌生】

こんにちは!

Koharu e-Life へようこそ!

NYの美術館に行くと水玉模様の独特の作品をよく目にします。

実はその作品、日本人のアーティストのものなんです。

2021年にNYのボタニカルガーデンで行われた

海外でも大人気の草間彌生さんの作品

をご紹介します!

(今はこの展示会はやっていませんが、ずっとご紹介できていなかったのでご紹介します)

草間彌生さんって?

草間彌生さんをご存じの方も多いと思います。

彼女は1929年に長野県松本市で生まれた芸術家。

幼い頃から幻覚や幻聴が彼女を襲っていたのですが、絵を描くことでそれから逃れていました。

特に水玉模様の絵を描くとその幻覚や幻聴から逃れることができるのでそんな絵を小さい頃から書いていたようです。

このボタニカルガーデンのあるNYには1958年から1963年の5年間滞在し、街角でのパフォーマンスなども芸術のひとつとして行っていました。

そのため「前衛の女王」と呼ばれるようになりました。

彼女の作品は水玉模様が一番みなさんもご存知だと思います。

水玉模様を絵や彫刻にたくさん反復させて作品を作っていますよね。

また「無限の鏡の間Infinity Mirrored Room」と言って鏡を合わせることで無限に表現するものも人気です。

これは先日行った ワン バンダービルトにもとても影響を与えていますよね!

水玉同様、かぼちゃのオブジェの作品も多いので草間彌生さんの特徴とも言えますね。

New York Botanical Gardenでの展示

行ったのはNew York Botanical Garden。

入り口からKUSAMA Cosmic Natureと大きな看板が上がっています。

人気のイベントなんですね!

チケットは結構お高いのですが、一見の価値あり!

KUSAMA Garden & Gallery Passを購入しました。

ゲードをくぐって入場。

パンフレットにも大きく草間さんの作品が載っています。

中を開けると地図が載っていて草間弥生さんの作品が置いてある場所に印があります。

1つずつ回って見ることにしました!

こちらは中では写真が撮れなかったのですが、「無限の鏡の間Infinity Mirrored Room」

暗い空間に鏡張りのオブジェが無限に写っていました。

とっても不思議な空間です。

そしてこちらは池に浮かんだアート。

小さい頃に見に行った大阪万博の岡本太郎さんの太陽の塔をちょっと思い出してしまいます。

裏も水玉がびっしりですね〜。

そしてこちらは参加型の作品。

部屋に入る前にシールをもらい好きなところに貼っていいというものです。

どこに貼ろうかな〜とみなさん楽しそうに貼っていました。

唯一無二の作品をみんなで作り上げていくというのが面白いですよね。

ここにもお花の中心にドットがあり草間さんらしいアートになります。

そして外でさっきから目を引いていたのがこちら。

木に巻かれた水玉付きの赤い布。

普通の木が洋服を着ておしゃれしているみたいですね〜。

そんな並木道を通ってこちらの図書館へ。

こちらでも草間さんの作品がたくさん飾られています。

無限にこだわった草間さんについて書かれていますね。

建物を入るとすぐにこちらの作品。

ちょっと見ると気持ち悪い形ですが、この形を見ると草間さんだってわかるからすごいです。

水玉がなくてもこの形は草間さんがよく使っていますよね。

先日行ったMOMAにもこの形が突起している椅子がありました!

こちらもその延長上にあると思うのですが、形がかぼちゃっぽいですね。

水玉の大きさが違うだけでこんな風に素敵なアートになるんだなと改めて感じさせられます。

この建物では写真は撮れなかったのですが、草間さんの初期の作品もたくさんありました。

水玉のないお花のとっても素敵な絵やオブジェまで、とても見応えのあるものでした。

建物横の入り口を入るとそこは映像で草間彌生さんを見せてくれる場所。

草間さんがNYで行なったというパフォーマンスが映し出されていました。

着物を着てパラソルをさしNYの街角で歩く…

そんな映像なのですが、とても不思議な映像に見えました。

CONSERVATORY近くの巨大なかぼちゃ

今回パンフレットの表紙にもなっている巨大なかぼちゃ。

黄色時に黒の水玉がなんとも鮮やかです。

行った日がとても天気のいい日だったので遠くからでもとても目立っていました。

この巨大オブジェ。作品の中にも入れます。

中には草間さんのサインもありましたよ〜。

CONSERVATORYの中の作品

そしてこちらはCONSERVATORY。

ここでも草間さんの作品が飾られているので行ってみました。

入ってみるといきなら中央に草間さんのお花の作品が池に浮かべられています。

カラフルで不思議な形。

そして水玉が草間さんらしいですね。

赤や黄色、黄緑など原色を使った作品はきっと子供にもとっても人気でしょうね。

子供の心を持ち合わせている草間さんだから浮かぶアイデアなのだと思います。

こちらはキラキラ輝くかぼちゃ。

NYの地下鉄の駅に見かけるタイルのモザイクみたいです。

とっても綺麗〜!

ボタニカルガーデンのお土産屋さん

たっぷり草間さんの作品を堪能した後はお土産やさんへ。

ここにも草間さんの作品がたくさんありました。

本や靴下、傘などなど。

水玉模様だけで草間さんの関連作品だってわかりますね。

New York Botanical Garden

まとめ

世界的に有名な芸術家草間彌生さん。

2021年にゆかりのあるNYボタニカルガーデンで

KUSAMA Cosmic Nature展が開かれたのでそれを写真でご紹介しました。

日本人でここまでNYで有名な方はそれほどいないので日本人としてとても光栄に思います。

親しみやすい水玉というモチーフが愛されているのでしょうね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください