住宅街の中のホットドッグトラックFry Guy&お花屋さんHarrison Ave. Farm

こんにちは!

Koharu e-Life in NYへようこそ!

 
 

アメリカの簡単スナックといえばホットドッグ。

小腹が空いた時にパンに挟んだホットドッグはとっても美味しいですよね〜。

アメリカ人も大好きなホットドッグ。

アメリカではお手軽にトラックで販売していることもあるんです。

今日は、住宅地の中のお花屋さんHarrison Ave. Farmの横に止まっているホットドッグ屋さんFry Guyをご紹介します。

 

 

Harrison Ave. Farm とFry Guyはどこにあるの?

このお花屋さんは、名前のごとくHarrison Ave.沿いにあります。

Metro NorthのNew Heaven LineのMamaroneck駅とHarrison駅の間にあるお店です。

住宅街を走るHarrison Aveの中にあるこのお花屋さん。

観葉植物や、季節のお花、ハーブなどもありとても心地いい場所です。

 

そんなお花屋さんのそばにホットドッグトラックもありますよ。

お花好きの食いしん坊なら、ちょっと車を止めてお花を見たついでにホットドックを買いたくなってしまうロケーションですよね(笑)

 

 

Harrison Ave. Farmのお花は。。。

今は、お花にとっていい季節とあって、色鮮やかなお花が所狭しと並んでいました。

きっとご近所の方が買いに来て、お庭に植えるのでしょうね〜。

観葉植物もたくさんありますし、

トマトやペッパーなどのお野菜や、バジルやセージなど様々なハーブなんかも売っていました。

肥料や土も一緒に買えるのもいいですね。

店内には、鉢や、ハンギング用のポットなども売っていましたよ〜。

 

そうそう、お花屋さんの呼び名ですが、街中のお花屋さんをFlower Shopと言いますよね。

では、こういった郊外型のお花屋さんのことを英語でなんというか知っていますか?

実は、Nursary(ナーザリー)っていうんです。

昔、日本の英語の授業でNursaryは「保育園」と教わった記憶があるのですが、このようなお花や草木のタネなど売っている場所のこともこう呼ぶんですね。

 

以前別のNursaryをご紹介した時にも話しましたが、看護婦さんを意味するNurseの派生語として

保育園はNursary schoolNursaing Homeは老人ホームなんですよ。

Nurse(ナース)には「育てる」とか「世話をする」という意味があるので植物を扱うお花屋さんにもこういった名前がつけられたんですね。

英語って面白いですね〜。

(別のNursaryの記事はこちら
 →鉢植えのお花や新鮮なお野菜が欲しい方はこのWestchester Green Houses&Farmへ!

 

 

 

ホットドッグ屋さんFry Guyのメニューは?

ホットドッグ屋さんのメニューはいたってシンプル。

  • ホットドッグ
  • フレンチフライ
  • チキンフィンガー
  • モッザレラスティック
  • ソーダ
  • チップス

これ以外にも窓にDeep Fried Hot Dogのお品書きがあったりはしますが、基本この6メニュです。

 

気のいいおしゃべり好きのおじさんにホットドッグを注文すると

「何をのせるー?」

と聞かれ、レリッシュ、ケチャップ&マスタードをお願いしました。

追加でフライもお願いし、待つこと5分。

美味しそうなホットドッグとフライが出来上がりました〜。

 

トラックに1961年に設立したと書いてあるホットドッグ屋さん。。。

Fry Guyとはもともとフレンチフライのお店だったのでしょうか???

長〜い歴史があるのかもしれませんね。

100年の歴史をもつホットドッグ屋さん「Walter’s」もMamaronechにありますね〜。

この辺りは、ホットドッグとは縁が深いのかもしれませんね〜。

(ホットドッグの歴史や呼び名の由来、Walter’sのホットドッグの記事についてはこちら
 →ニューヨークといえばホットドッグ!ホットドッグの由来は?人気店Walter’sに行って調査

次回行った時に、おじさんに設立の秘話を聞いてみようと思います(笑)

 

 

ホットドッグのお味は?

せっかくならあったかいうちに食べようと、近くの芝生の上で食べることに。。。

日の当たる下でピクニックのように食べるホットドッグは最高〜。

柔らかいパンに細めのソーセージのパリッと感がとっても美味しい。

レリッシュもたっぷり乗ってて、酸味がホットドッグにマッチングです。

やっぱりホットドッグにレリッシュは欠かせませんね〜。

一緒に頼んだフライもサクサク。

いい感じにカリッと仕上がっているフライ。

一緒にいただいたケチャップと食べるとあとを引きます〜。

 

お日様の下、芝生の中で思いの外、気持ちのいいランチをいただきました〜。

 

Harrison Ave. Farm & Fry Guy

住所:1681 Harrison Ave · Mamaroneck NY

 

 

 

まとめ

住宅街で車を走らせていて急に見つけたお花屋さんとホットドッグトラック。

郊外にはこんな風にトラックで食べ物を売っていたりするのって、なんかいいですよね〜。

こういった風景を見ると、ついつい足を止めて食べてみたくなってしまいます。

今日ご紹介したお店もとてもいいお店だったので、もしお近くを通った時は、足を止めてみてはいかがでしょうか?

きっと素敵な時間が過ごせるのではないでしょうか?

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください