米国初のゴディバカフェ (GODIVA cafe)! 気軽にグラブ・アンド・ゴー!

こんにちは!

Koharu e-Life in NYへようこそ!

 
 

 

NY、マンハッタンのイーストに先月4月18日にゴディバカフェがオープンしました!

そのお店、なんと米国発のゴディバカフェとのこと。

 

どんなお店なのかな〜ととっても興味があったので、行って来たのでご紹介します。 

 

 

GODIVA(ゴディバ)って?

GODIVAは1926年にジョセフ・ドラップスがベルギーのブリュッセルに創業したチョコレート屋さん。
 

1956年に「GODIVA」に社名を変更し、国外進出へと事業を拡大していきます。

 

チョコレートで有名なベルギー王室の御用達としても使われているGODIVA。

そのお味は間違い無いですよね〜。

 

NYの五番街に店舗を持ったのは、1972年。

日本の日本橋三越にGODIVAが入ったのと同じ年なんですね〜。

 

キャンベルスープ社の傘下で長年営業していましたが、2007年にキャンベルスープ社からトルコのユルドゥス・ホールディングスに売却され、今はその傘下で営業しています。

 

日本でもゴディバは高級チョコレートとして人気ですよね〜。

宝石のようなチョコレートは1粒でも大満足の美味しさですよね。

もし

「あー、食べたい!」

なんて方がいたらこちら↓からサイトに行けますので、是非どうぞ〜(笑)

 

 

ゴディバカフェはどんな感じ?

 

全米初のゴディバカフェ。

マンハッタンのミッドタウン、Lexington Ave沿いの角地にあります。

お店はとても綺麗なガラス張り。

外から中のお店の様子がよく見えますね〜。

 

窓際にカウンター形式で椅子があり、白と黒のテーブルと椅子はスタイリッシュなイメージです。

 

ゴディバというと高級チョコレート店というイメージでちょっと入りづらいお店のような気がしてしまいますが、このお店はいたって普通。

街角のスタバなどのコーヒーショップと似たつくりなので入りやすいのが特徴ですね。

 

店内は。。。

ゴディバならではの高級なチョコレートがあったり、

箱物のチョコレートが売っていたりとご進物にも使えそうですね。

気軽にカフェ内で食べることのできるクッキーやマフィンもあります。

いちごのチョコレートがけも美味しそう〜。

 

メニューには、飲み物も豊富です。

コーヒーや紅茶、チョコリキサーというチョコレートドリンクも豊富にあって、本物のお味が楽しめそうですね。

クロワッフル(Croiffle)というクロワッサンをワッフルメーカーでプレスしたという商品。

中の具は、ダークもしくはミルクチョコレートを始め、グリュイエール、ハバティチーズ、スイスチーズなどのチーズ味など甘いスイーツ系だけでなくお食事として楽しめる6種類から選べるようです。

価格も6ドル以下と高級チョコレート店にしてはお得ですね。

 

私が頼んだのはChocolixirのMild Chocolate、ホイップクリームつき。

ホイップクリームの上だけでなく、ボトルの側面にもチョコレートがデザインされていますね〜。

そしてもちろん、GODIVAの板チョコが上に乗っています。

甘いものが大好きな私の大満足のお味です。

 

カフェ内のテーブルは

カウンター席と向かい合いの二人席が2つ。

あまり時間がなかったので、私はグラブ・アンド・ゴー!

マンハッタンの街並みにGODIVAのChocolixirがおしゃれな気がします(笑)

チョコレートドリンクにしては、ちょっとお値段が高い気もしますが、高級チョコレートドリンクということで、いいかなーと美味しくいただきました。

 

 

GODIVA café

住所:

560 Lexington Ave,New York, NY 10022(50th & Lex)

営業時間:

月曜 – 日曜 午前6時から午後9時

 

 

まとめ

ベルギーの高級チョコレートといえばGODIVA。

多くの方が知っているチョコレート店の全米初のカフェはとっても気軽に入れるお店でした。

 

今回は、ドリンクだけでしたが、次はクロワッフル、是非食べてみたいと思います。

マンハッタンにいらしたチョコレート好きの方は、是非、行ってみてくださいね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください