NYで車を持ったらEZpassが便利【 登録方法・変更・解約方法】

こんにちは!

Koharu e-Life in NYへようこそ!

 

車社会のアメリカ。

アメリカでは車は欠かせませんね。

 

車を持っていると便利なのが高速のパス「EZ pass」

我が家もEZ passを車に常備し、便利に使っています。

 

今日はEZ passについてご紹介します。

 

 

NYで車を持ったらEZpassが便利

EZ PASSとはNY州、NJ州など16の州で使うことのできる有料道路の料金徴収システムのことです。

簡単にいうと日本のETCみたいなもの!

 

アメリカは州によってシステムが違い

CA(カリフォルニア)州はQuick Pass、
IL(イリノイ)州ではI-Pass
 
などがあります。
 
 
アメリカ内を旅行した際、それぞれの地域で違うので、注意しなくてはいけませんね。
 
もしレンタカーを借りるなら、その土地にあった有料道路の料金徴収システムも借りることができるので聞いてみるのがいいでしょう。
 

 

NYあたりの有料道路の料金徴収システムEZ pass。

 

何がいいって。。。

 

高速の料金所で長い列に並ばなくてもEZ passのレーンをスイスイ通れる

一度登録すると自動的に課金もできる

しかも

現金で払うよりも料金もお得

 

なんですよね〜。

 

以前我が家では持っていなく現金で払ってました。。。

 

現在アメリカでは料金所というものが少なくなってきていて、

高速の料金は車のナンバープレートの写真を取られ、住所に請求書が送られるシステムになっています。

そうすると、なぜか請求書が来るのがとても遅く、

高速代の倍以上の遅延金まで払わされる羽目になってしまうことに。。。

 

我が家ではそんなことが何回か続いてやっとEZ passにしました。

 

でも、EZ passにしてみると、便利でお得!

なぜもっと早くにやらなかったのだろうと後悔したので、

是非、これをお読みでまだ EZ passを持っていない方は

是非、一日も早く加入したらいいと思いますよ〜。

 

 

EZ passの登録方法

登録方法は

EZ passのサイト

からできます。

 

アカウントを作り、申し込みをするだけ!(Sign up nowからスタートします)

その際に我が家は料金がなくなったら自動的に20ドルの課金をしてもらうように登録しました。
(All pre-paid tolls and parking less than $20を選択)

 

申し込みをすると登録した住所にEZ passの機械が送られてきます。

それを車のフロントガラスの内側に見えるところにつけるだけ!

 

これで高速の料金所や橋を渡る時の料金所で待たずに通れるようになります。

 

 

EZ passの変更方法

 一旦申し込んだEZ pass、もし携帯番号が変わったり、お引越しにより住所が変わった時、車を買い換えた時には変更しましょう。

変更方法も簡単です。

 

EZ passのサイト

このサイトからAccount Number とパスワードを入れてサインインします。

そして

My AccountのAccount Profile で Editを選べば、

自分の変更したい部分を記入すればいいだけです。

 

Overviewを見れば変更されているかを確認することや

EZ passを使った日付や金額も確認することができます。

 

 

EZ passの解約方法

もし日本に帰国などでEZ passが必要なくなった時、登録の解約をしましょう。

解約方法は、

EZ passのサイト

から、サインインし、My accountでAccount Profileを開きます。

Editなどする画面と同じ画面に

Close my account

 というのがあるので、それをクリックすると上のような画面になります。

 

Tag return formを記入し、機械と一緒にフォームをつけてEZ passの住所まで送ればそれで終わりです。

 

 

まとめ

車を便利に使うならEZ passをオススメします。

料金所で並ばずにお得な値段で簡単に料金を支払うことができますよ!!

 

手続きもそれほど難しくないので、ぜひまだ持っていないという方は是非初めてみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

Follow me!

NYで車を持ったらEZpassが便利【 登録方法・変更・解約方法】” に対して1件のコメントがあります。

  1. 隣のニュージャージー州の海岸寄りを南北に貫く “Garden State PKWY” ( 有料 ) はコイン投げ入れ式料金所システムです。最南端のケープメイやカジノのアトランティックシティーに行く時に使用しますが、乗用車1台分が $1.50 です。そのため料金所の間隔がすごく短く、頻繁に止まる必要があります。しかもお釣りは出ませんから小銭を沢山持っていく必要があります。
    Amtrak や Metro North も車内検札システムですものね。不思議な国ですよね。

    1. こはる より:

      クラフト親父様
      いつもコメントありがとうございます。
      有料道路のコイン投げ入れ方式、初めてみた時はびっくりしました(笑)
      車内検札ものどかですよね(笑)車掌さんとちょっとおしゃべりしたり、、、そんなところが大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください