NYのDia Beacon美術館の素晴らしさに圧倒!アートファンのNY日帰り旅行に最高!

こんにちは!

Koharu e-Life in NYへようこそ!

 

 

Beaconはハドソン川ぞいいのNY郊外の街。

マンハッタンからも電車で1時間半、車でも同じくらいでいけるこの街は、日帰り旅行にぴったいです。

可愛らしいお店やレストランがたくさん並ぶMain Streetがあったり、ハドソン川沿いのとても気持ちのいい公園があったり、一日のんびり過ごせる場所。

 

そのBeaconにはDia Beaconという有名な現代アート美術館があるんです。

今日は、アートファンなら必見のDia Beaconの美術館をご紹介します。

 

 

Dia Beaconはどこにあるの?

Dia Beaconはマンハッタンからハドソンリバーを北上した街、Beaconという場所にあります。

(こちらではアップステイトと呼びます)

メトロノースのハドソンラインでグランドセントラルから1時間半ほど。

このDia Beacon美術館には、その駅からも歩いていけるほどの距離なので、車を持っていない方、または観光客にも行きやすい場所なんです。

NY観光にきた方は、マンハッタンで過ごされる時間が多いと思いますが、グランドセントラルから電車に乗るというのも楽しいイベントになるかもしれませんよ。

電車の旅は、マンハッタンとは全く違った景色を見ることができ、NY観光の素敵な思い出になるかもしれませんね〜。

 

 

Dia Beaconってどんなところ?

Dia Beaconは2003年にオープンした美術館です。

22,000㎡と言われる広大な敷地で、大小関わらず現代アートが存分に置かれている注目の美術館なんですよ。

それもそのはず、この建物は、1929年に建てられたナビスコの包装紙印刷工場を改築して作った建物。

なので、こんなに広い土地、建物があるんですね〜。

「マンハッタンなどでは置けないような大きな作品がここでは贅沢にも見れる!」

と言った感じで、アートを体(五感)で感じることのできるダイナミックそのものなんです。

今では、National Register of Historic Placesにも指定されている建物で、1960年代以降のミニマリズムのアートを中心にして置かれています。

 

 

Dia Beacon にある作品って?

美術館の館内はこんな感じ。

 

Charlotte Posenenske

入ってすぐのこの大きな2つのギャラリー、全てドイツ人アーティストPosenenskeのWork in Progressという作品の特別展です。

2019年3月から9月9日までの期間限定。

Mary Corse

「A pioneer of light-based art」と言われているMary Corseの作品。

光や空間をうまく使い表現しています。

また、彼女はエレクトリックライトや、セラミックなども技法に使い様々な表現をしています。

Dan Flavin

日常そばにある蛍光灯を使ってアートを作ったDan Flavin。

私が彼の作品を初めて見たのはもう随分前のチェルシーのギャラリー大たのですが、衝撃的でした。

ここではLong term viewなので、是非、ご堪能ください。

 

Andy Warhol

あのマリリンモンローやキャンベールスープのデザインでも有名なAndy WarholのShadowという作品。

同じ画像と色の組み合わせを使って表現する72枚のキャンバスの大きな作品です。

Sam Gilliam

「Double Merge」という天井から吊るされたカラフルな布のアート。

壁やフレームといった枠から3次元の布のドレープを使ったパイオニアでもあると言われています。

一度天井から下ろしたら、二度と同じ作品は見れない点も新しい発想といえますよね。

Dorothea Rockburne

折り紙に親しみのある日本人なら彼女の作品は親しみがわくのではないでしょうか?

大きな紙に折り目を入れたり、そこから幾何学的なデザインをしたり。。。見ていてとっても引き込まれる面白さがあります。

Anne Truitt

まわいの作品がミニマリストが多いということで白や黒の作品が多い中、ソフトな色のついている彼女の作品は目を引きます。

柔らかい色と、絵画とスカルプチャーの組み合わせが優しい女性の雰囲気を醸し出しているように感じます。

Donald Judd

同じ大きさの大きな箱が並べている空間。

なんの作品だろうと近寄ってみると、どれも一つづつ微妙にデザインが違うんです。

中の板の高さや横の区切りであったり、色々な組み合わせで表現している作品です。

Michelle Stuart

Sayreville Strata Quartet という作品。

NJのレンガの廃採石場で染められたというこの作品は、採石場の赤土をStuart自身が何層にも塗り上げて仕上げたそうです。

表面がスムースではなく、デコボコしているてんも素材が生かされている感じがして素敵です。

Micheal Heizer

大きな、大きな石が壁に埋め込まれているこの作品。

周りの白壁とくりぬいた黒い塗りもあってか、一枚の絵のように見えるのが不思議です。

2枚目の写真は地面と同じ高さにある鉄板を幾何学模様にくりぬいて作った作品。

この作品のそばに行くとそこだけひんやりとした感じがし、この穴に吸い込まれそうになります。

でも、先ほどの石と同様に真横から見ると一枚の絵のような。。。そんな印象も与える不思議な空間でした。

Louise Bourgeois

Louise Bourgeoisといって思い出す方もいるかと思います。

そう、あの六本木ヒルズの大きなクモのオブジェ「ママン」を作った彫刻家。

ここにも小さいものから大きいものまで様々な彫刻がありました。

奥にはヒルズよりもちょっと小さめのクモも置いてありましたよ。

Richard Serra

 とても大きな大きな鉄鋼を使ったRIchard Serraの作品。

この美術館だからこそ置ける作品なのではないでしょうか?

美しい曲線を描く大きな鉄鋼。

形はどれも違い、中に入れることもでき、ちょっと声を話をすると声がよく響くのも体で感じられるアートだなと思いました。

François Morellet

Dan Flavin同様、蛍光灯を使ったアートで有名なフランス人アーティストの「No End Neon」という作品です。

地下の薄明かりの中、61本の蛍光灯で彩られたアートはとても幻想的です。

John Chamberlain

スクラップメタルを手がけるJohn Chamberlainの作品。

大きな大きな作品もあり、この美術館ならではの大きな空間に置かれていて見応えありです。

作品の周りを一周したり、近くで見たり、好きな角度から作品に触れられます。

Bruce Nauman

現代アートとして使われる映像。

地下の光の入らない場所での展示のせいもあり、とても不思議な空間です。

ネオンと使った作品や空間を使った作品、Bruce Naumanの色々な作品が地下で楽しめます。

 

 

チケットはどこで買うの?

そんな素敵なアートが堪能できる美術館。

入場料は

  • 大人15ドル
  • 学生、シニア 12ドル
  • 12歳以下の子供 無料

 

です。

入場券は美術館の正面左手の建物で購入します。

もし、メトロノースを使って電車で来る場合は、グランドセントラル駅で電車代往復+入場料のお得なセットがあるんですよ!

お値段は40ドル。

電車代がオフピークで35ドルなので、入場料15ドルが5ドルで済んでいるってことでとってもお得ですよね!
 (Metro northとDia Beaconのチケットについてはこちら

入場券を購入する建物にはレストランやギフトショップがあるので、帰りに寄ってみるのもいいですよ〜。

大きな窓と白を基調とした室内でとても気持ちいい空間です。

車で行かれる方には、美術館前に駐車場も完備されています。

ただ、美術館の広さにしては駐車場の数は少ないかな〜といった感じはしました。

 

Dia:Beacon

住所: 3 Beekman Street, Beacon, New York

営業時間:

January–March
Friday–Monday, 11 am–4 pm

April–October
Thursday–Monday, 11 am–6 pm

November–December
Thursday–Monday, 11 am–4 pm

 

 

まとめ

マンハッタンからも気軽にいけるDia Beaconの美術館。

これから紅葉のいい季節ですし、電車や車で日帰り旅行ついでに行くのも良さそうですよね〜。

是非、あの広大な土地でのアート体験を体感してきてくださいね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください