NYで新型コロナウィルスの影響はどうなっている?3/7最新情報!

こんにちは!

Koharu e-Life in NYへようこそ!

 

2020年の冬、寒さの厳しくないNYの冬ですが、世界中で猛威をふるい怖がられているコロナウィルスの影響が色々と出てきました。

NYの病院でも一般の患者さん全員に、診察前、問診票とは別にアンケート形式でこの1ヶ月の渡航歴を聞かれたり、訪れた国を聞かれたりします。

そして壁には手洗いの仕方などの方法が書かれた紙が貼られたりして予防法を教えてくれています。

今日は、そんなコロナウィルスのNYでの本日3/7現在の最新情報を個人的ではありますが私の目線からご紹介したいと思います。

 

 

コロナウィルスってなに?

すでにニュースでたくさん報道されているので知っている方も多いとは思うのですが、念のためコロナウィルスについて簡単に説明しておきます。

私がよく見るサイト厚生労働省のホームページでコロナウィルスについてのQ&Aによると。。。

コロナウィルスとは?

人に感染する「コロナウィルス」は7種類。

今回のコロナウィルスと呼ばれているものその中の1つで「新型コロナウィルス」と呼ばれるものだそうです。

この7種類のうちの2つは

  • 2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」
  • 2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」

7種類のうちの残り4つは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占めており、軽症で済む場合が多いそうです。

 

新型コロナウィルスとは?

では、昨年12月からこれだけ騒がれている新型コロナウィルスとはなんなのでしょうか?

新型コロナウイルスは「SARS」や「MERS」のような動物由来であるとの確定的な証拠はまだ見つかっていなとのことです。

でも、遺伝子配列が、コウモリ由来のSARS様コロナウイルスに近いそうで、コウモリがこの新型コロナウイルスの起源となっているのではないかと言われているのです。

 

どのような症状なの?

熱と咳、体のだるさが主な症状のようです。

風邪に似た症状とのことです。

鼻水,くしゃみ,のどの痛み、下痢などの症状は出る場合もあるようですが、あまり目立たないようです。

 

感染したらどのような経過を辿るの?

感染してから症状が出るまでには約 1~12日間(多くは3日~7日間)かかるそうです。

症状は上で述べたような熱と咳、体のだるさが現れ、風邪のような症状です。

かかった場合でも、治療をしなくとも1週間くらいで治るそうなのでその点も風邪と似ているようです。

ただ、ごく稀に重症になる方がいてその症状は

呼吸が苦しくなるなどの症状

で、1週間後くらいに出始め悪化していくそうです。

WHOの見解では、致死率は2%とのことで、2002年のSARSの致死率は9.6%や2012年のMERSの致死率は40-50%に比べたら致死率はかなり低いと考えられているようです。

 

どのように感染するの?

今の時点での感染経路は2つ

  1. 飛沫感染(ひまつかんせん)
  2. 接触感染

 

1つ目の飛沫感染(ひまつかんせん)ですが、字のごとく飛沫によって感染するものです。

感染者の飛沫と一緒にウィルスが口や鼻から入って感染してしまうと言うのです。

飛沫となるもの:くしゃみ、咳、つば など

 

2つ目の接触感染は、こちらも字のごとく接触して感染してしまいます。

これは感染者のくしゃみや咳のかかった手に触れてしまったり、たとえ直接触れなくともその感染者が接触したものにウィルスがついていた場合それを未感染者が触ることで感染してしまうと言うのです。

接触となるもの:電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、スイッチなど

 

今のところは空気感染はないとのことですが、それでも同じ部屋の近距離などでの環境でお話ししたりすると感染するリスクもあり得ると言うことです。

 

感染者の多い国からの郵便物や家で飼っているペットからの感染は今のところ報告されていないとのことですので大丈夫。

ですが、十分ケアできることはケアしたいものですね。

 

 

コロナウィルスを防ぐには?

世界的に広がっているコロナウィルスを防ぐためには自己管理しかありません。

先日NYの病院に行った際に壁にNYC healthの下のような

Stop the spread of germs that make your and others sick

のチラシが貼ってありました。

自分でも予防、そして自分からも人に迷惑をかけないようにすることが重要なんですね。

NYC health のチラシによると

 

咳やくしゃみをする時はティッシュなどで口や鼻をおおいましょう。

または

咳やくしゃみをする時、手ではなく肘のあたりなど上袖でおおいましょう。

そして

そのティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう。

とのこと!

 

日本人は咳やくしゃみをする時に手のひらで顔をおおいますが、外人はそれはしません。

肘を顔のそばに持ち上げ、その肘で咳やくしゃみをするのです。

すうすれば、手のひらは綺麗なままで、握手を頻繁にする国のマナーなんですね。

 

そしてこのチラシに書いてあるのは、

石鹸と水で手を洗いましょう。

または

ハンドサニタイザーで綺麗にしましょう。

です。

 

とにかく、ウイルスが体につかないように防御すると言うことなんですね。

幸い、今のところ子供の感染はあまりないようなのでお子さんのいるご家庭は自己管理、自己防衛を続けると言うことが大切なんでしょうね。

 

The NY Timesに載っていた予防法

How to Prepare for the Coronavirus

Here’s what you can do:

(出典:The New York Times 「How to Prepare for the Coronavirus」)

新型コロナウィルスにどのように準備するかと題してあなたのできることを7つあげています。

  1. 手を綺麗に保つこと、病気の人とは距離を保つこと
  2. もし病気になったら家にいること
  3. もし感染していないなら、マスクは助けにならないこと
  4. 家庭用品、薬などの備蓄をすること
  5. 家族と非常時のプランを話し合い準備すること
  6. 子供のいる家庭は慌てず状況を見極めること- フルーショットを受けておくこと
  7. ストックマーケットを心配しすぎないこと

とのことです。

日本で言われていることと違うこともいくつかありますんね。

特に3番と4番。

日本では、マスクをつけましょうと言われていますが、こちらでは言われていません。

現に、マンハッタンでも私の住むウエストチェスター地区でもマスクをしている人は見たことがありません。

(NYの空港やNY発着の飛行機の中ではまっすくをする人をミカっけることもあります)

また日本で4番のように備蓄を勧められたら、パニックになってしまうかもしれませんね。

そうでなくともマスクやトイレットペパーなど店頭から姿を消していると聞きます。

 

 

NYの状況は?

感染者は?

NYの新型コロナウィルスの状況ですが、NY州のサイトに載っている情報では以下の通りです。

2020/3/6 15:00現在

感染者 ー NYState : 29人    NYCity : 4人

感染の結果を待ている人 ー NYstate 181人    NYCity : 55人   

になっています。

しかしその後、ニューヨーク州のクオモ知事の会見の発表によると

2020/3/7 現在

感染者 ー NYState : 44人    

感染の結果を待ている人 ー NYstate 236人    

に増えているとのことです。

世界から観光客の多いNY。

テストをしていない方も多いようですし、自宅待機の方も大勢いるので、実際のところはこの数字では済まないんおかもしれませんね。

(3/8以降、NYでの感染者がかなり増えているようです。

是非、最新情報をサイトで確認しながら注意した行動をされることをオススメします。)

 

スーパーなどの物資は?

日本ではマスク不足はもちろん、トイレットペーパーやキッチンペーパー、そしてカップラーメンなどの食料まで不足する事態が発生したと聞いています。

NYはどうなのかスーパーに行ってみました。

アジア系のスーパーでお米が品薄になっていて、普段より値段を高くして売られたりしていました。

それ以外にもアメリカ系のスーパーでお水やパスタの棚がガラガラになっているのも見受けられました。

でも、それほど住民がパニックになっていると言う風でもなく、トイレットペーパーやキッチンペーパーなどは十分にありました

マスクについてはずいぶん前から品薄だったようで(NYで買って日本に送ったりしているお友達もいました)高値で転売するのも見受けられたようですが、アマゾンでは高値転売を禁止したようです。

今後の政府の発表次第で状況は変わるかもしれません。

パニックが起きないことを祈るばかりです。

(3/8以降のNYウエストチェスターでの感染者の増加ともに、なくなってきている物資もあるとのことです。

必要なものがある場合は早めに買っておくなど是非お気をつけください。)

 

NYでの日本に対する処置は

ニューヨーク市の5日の発表で、NY在住者が以下の国に訪れた場合、帰国後14日間の自宅待機、健康状態を観察することと言うお達しが出ました。

以下の国とは

  • 中国 
  • イラン
  • 韓国
  • イタリア
  • 日本

の5か国。

日本も危険国と認可されてしまったと言うことですね。。。

NYに住む私の友達も今日本に一時時帰国している人もいるので日本で待機しNYに戻るのを見合わせている人もいます。

また、NYに戻って来たものの、外に出れず家にずっといる方もいます。

今のところ日本人観光客についてははっきりした入国拒否は発表されていないようですが、NYの日本総領事館がNY市に確認を進めているとのことです。

自粛ムードもありますのでもし旅行の計画を立てている方は事前に確認することをお勧めします。

NYC health

 

3/4にはアメリカのトランプ大統領が、入国拒否対象の国を検討していますし、その中に日本も入っているので今後どのようになるのか心配なところです。

 

 

まとめ

世界中に拡大を続けている新型コロナウィルス。

これからどのようになっていくのか見当もつきません。

1日も早く早く鎮静し平和になることを祈っています。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください