NYの桜、今が盛り!【桜の塩漬け作り方】

こんにちは!

Koharu e-Life in NYへようこそ!

 

NYもすっかり春。

まだ肌寒い日はあるものの、日差しの気持ちのいい日が続いています。

今年は新型コロナウィルスの影響で外出禁止令が出ているNYなので色々なことが制限されていて寂しい限りです。。。

自宅勤務の方、そしてくしくも仕事が営業停止に追い込まれている方、、、色々と我慢している方も多いと思います。

 

私も日々、一日も早い新型コロナウィルスの終息を願うばかり。

やることといえば家族の3食作りとお散歩くらい。

特にお散歩は一番の気晴らしになっています!

 

この時期、NYでは桜を始め大きな木がたくさん花を咲かせます。

こんな暗い先の見えない時期ですが、散歩に行ってお花を見ることだけが今の楽しみ。

 

今日は、お散歩中に見つけた綺麗な桜などお花をお届けしようと思います。

散歩もなかなか行けない、今年はお花見もできなかった〜という方にも是非このお花の写真で癒されていただけたらと思います。

 

 

NYの桜、今が盛り!

外出禁止令では、電車に乗ってどこかに行くことも、友達とテニスをすることもできません。

できることといえばお散歩かランニング。

ないよりの楽しみです。

ここウエストチェスター地区では一軒家のおうちが多いので、木も日本より大木が多いです。

庭が大きいので、3本桜の木が庭にあったりもします。

日本だったらきっとみんなで木の下にピクニックシートを敷いてお花見するだろうな〜なんて思ったりして(笑)

しだれ桜もたくさん見ることができますよ〜。

それもとっても立派なしだれ桜もあったりして嬉しくなります。

お花にはエネルギーがあるので、綺麗なのお花を見ているだけで元気をもらえますよね!

こんな新型コロナウィルスでどこにも行けない時だからこそ、散歩しながらのお花見は本当にありがたいです。

 

 

桜以外の花も満開!

NYには桜もたくさん咲いていますが、それ以外のお花もたくさん咲いています。

例えば木蓮。

日本でも木蓮は見かけはしましたが、NYに来て、本当に綺麗な木蓮をよく見かけるようになりました。

木蓮は英語でマグノリアというのですが、アメリカでもとても愛されているお花なんですよ。

マグノリアベーカリーなどカップケーキで有名なベーカリー屋さんの名前にもなっていますね。

通りを挟んで桜とマグノリア(木蓮)の通り。

この通りを通ると華やかでとても嬉しくなります。

NYではレンギョウもよく植えられています。

春になると一面が黄色の景色になり、とても鮮やかですね〜。

川沿いなどの野原などにはこの黄色の絨毯も。

(名前なんだかわからなくてすみません。。。わかる方いたら是非教えてください)

お花の好きな方の家の前だとクリスマスローズの白や紅色のクリスマスローズもよく見かけます。

英語ではHellebore (ヘレボルス)と言って、アメリカでも人気のお花ですね。

クリスマスローズの英語の花言葉は「relieve my anxiety(私の不安をやわらげて)、慰め」です。

今の新型コロナウィルスでの不安を慰めてくれているようですね。

この紫のお花もとてもよく見かけます。

(名前なんだかわからないのですが。。。わかる方いたらこちらも是非教えてください)

ムスカリもよく咲いていますね〜。

とっても可愛いですよね。

 

 

セントラルパークの桜って?

今年はお花見シーズンはコロナのせいで電車に乗れず。。。セントラルパークにも行けていません。

でも、セントラルパークにも桜の木がとてもたくさんあるんですよ!

この時期にもしNYのマンハッタンに訪れる方がいたら是非行ってお花見して来てほしいくらいです!

私は去年桜の時期にセントラルパークに行ったのですが、本当に綺麗でした!

通路で桜を眺めながら通るもよし、広場内で芝生に座ってゆっくりするもよし。

ベンチがある場所もあるので、是非お楽しみください。

日本のように、ピクニックシートが敷き詰められた花見会場とは全然違い、ゆっくり楽しめますよ。

パワースポットのオベリスクの前には立派なマグノリアも綺麗ですね。

NYマンハッタンのセントラル・パークの桜が見頃!4月は桜が綺麗〜!

 
 
 

桜の塩漬け作ってみよ〜

 
 
ソメイヨシノが終わるとNYも八重桜が見頃になります。
 
私は毎年桜の塩漬けを作ります。
 
特に八重桜は作りやすくてとてもいいんですよ〜。
 
塩漬けなので1年中桜を楽しめるのもいいところ。
 
海外に住んでいると日本の文化を見せたり日本らしいところを見せる機会も多いので、この桜の塩漬けは出番も多いんです!
 
私も桜餅(道明寺)を作って桜の塩漬けを上に乗せ、ある会合に持って行ったら
 
「日本らしくていいわね〜」
 
と外人の方に喜んでいただけたことがあります。
 
日本だけでなくNYでも八重桜は見ることができるので、是非、お時間のある時に作ってみてくださいね。
 
 
 

用意するもの

  • 桜の花びら200gくらい
  • 塩 40gー50g
  • お酢 大さじ3

 

作り方

1. 5分咲きから7分咲きのお花をとってくる

2. 優しく水洗いをする

3. お酢とお塩を用意する

4. 塩とお酢をかけて2.3日重しをする。水とあくが出て来るのでこまめに捨てる。

 

5. 天気のいい日に干して乾かす。

6. 出来上がったら、ビンなどに入れて保管する(塩を入れておくとその塩も桜の香りがついて使えます)

 
 
 
 

まとめ

花好きの私は、この春の季節は心が踊ります。

桜やマグノリアなど大木の多いNYでは近所を散歩するだけで甘い香りと柔らかい景色が楽しめます。

新型コロナウィルスで規制の多い昨今ですが、是非、一人でも多くの方がお花で癒されますように祈っています。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください