Census2020 が家に届いた! 【国勢調査 の回答方法 】

こんにちは!

Koharu e-Life in NYへようこそ!

 

2020は10年ぶりのCencus国勢調査の年。

3月はじめから何度と封書やポストカードがCencusから送られてきました。

そして締め切り間近にはカウンティーの方からCencusのアンケートに答えましょう〜と言う電話まで入ってきました。

 

はじめは「なんだこれ?」から始まったCencus国勢調査ですが、やってみるとそれほど難しくなかったので、無事回答できました。

今日は、そんなCencus2020 国勢調査の回答方法についてご紹介したいと思います。

 

 

Census2020 の国勢調査 の回答方法 

ここではCensus2020の回答方法をご紹介します。

Censusとは正式名称を

Bureau of the Census

といい、

アメリカ合州国の商務省の一つの局

のことです。

 

10年に一度、人口についてのアンケートを行いそのデータを主に統計収集する仕事をしているところです。

今年はその10年に一度のアンケートの年。

 

家のポストに一通の封書が届くことから始まったCensus2020。

「難しそう」と思ってちょっとやらずに置いておいたら、又もう一通同じものが。。。

 

またまた、ちょっと「めんどくさそう〜」とやらないでいたら今度はポストカードで「やってください!」とお知らせが!

 

仕方ないので重い腰をあげてやってみました!

やってみると、さほど難しくなかったので、お困りのみなさんのためにも、そして自分の備忘のためにもここで回答方法載せておこうと思います。

 

操作の仕方

まず、封筒で来た手紙を開けるとCensusu 2020のサイトのアドレスが載っています。

そこを開くとこのような画面。

「え、英文。。。読むの難しそう。。。」

と思う方も大丈夫!!

画面一番下をみると「日本語」と言う項目を発見することができます。

そのボタンをポチッとすると、この画面に切り替わります。

全く同じ内容が、親切にも日本語で書かれているんです!

これで安心!

ここから日本語で回答すればいいですね。

(もちろん、英語がお得意の方は英語での回答でもOKです!)

 

調査の回答を開始をクリック

するとこのような画面に切り替わります

(私は英語でやったのでこの画面になっていますが、日本語で進めば日本語で出ます)

 

degit番号12桁は封書で送られて来たお手紙に書いてありますので、その番号を入力してLoginボタンを押します。

 

すると現在住んでいる住所が出て来ます。

その住所に住んでいればYesを押して進みます。

 

次はHousehold Questionと言うことで

Q 家は持ち家なのかレントなのか?

Q 人種

Q 家族構成

 

などが順に聞かれていきます。

 

質問は難しい問題はないので、事実を記入していくのみ。

 

最後は

この画面になるのでSubmit Questionnaireをクリックして提出。

確認画面で下記のような画面になります。

(for:の後には、住んでいる住所が載っていますがここでは消してあります)

 

これで無事終了です。

 

 

まとめ

難しいと思って躊躇していたCencus2020国勢調査。

やってみると日本語があったり、質問も難しいものがないので早く終えておけばよかったな〜と思いました。

私と同じようにやる前から躊躇する方もいるかもしれませんが、是非サイトに行ってやってみてくだいね。

思ったより難しくないことに気がつくと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください