チキンのお店、NYにあるのにBoston Marketってナンのお店?

こんにちは!

Koharu e-Life in NYへようこそ!

 

ボストンマーケットって聞いたことがありますか?

ボストンと言ってもNYにもあるし、マーケットと言ってもスーパーのようなマーケットではないんです。

 

ボストンマーケットはチキンを中心にしたレストランなんですよ〜!

 

今日は、このボストンマーケットをご紹介します。

 

 

ボストンマーケットって?

ボストンマーケットは1995年にできたチキンを主にしたレストラン。

元は1984年に設立したボストンチキンと知られていたのを名称変更し、ボストンマーケットになりました。

今ではチェーン店のチキンショップとして各地にお店をもち、アメリカ人に人気のお手軽なレストランとなっています。

 

 

ボストンマーケットの店内は?

店内の雰囲気はファーストフードにとても似ています。

カウンターで自分で並んでパネルを見ながら購入するタイプです。

ファーストフードより少しテーブルはしっかりしていて、ファミリーレストランの雰囲気も持ち合わせた感じという感じでしょうか。

お皿も紙やプラスチックではなくて、ちゃんとした陶器で作られているので、その点も少しだけファーストフードより高級感を出しているのでしょうね。

 

ここでちょっとチキンの部位について。。。

メニューをよく見ると”White”とありますが、それは主に胸肉のこと。

反対に”Dark”といえば、モモ肉やドラムスティクのことなんですよ〜。

出典;What’s the difference between white and dark chicken?

 

覚えておくといいかもしれませんね〜。

 

 

ボストンマーケットのメニューは?お料理は?

ボストンマーケットは基本チキンのお店なので、ローストチキンが主についたメニューが多いです。

それにサイドでコーンやマッシュポテトのサイドをつけて、コーンブレッドがつくコンボが一般的。

 

最近は、サラダやサンドイッチなど色々な種類があります。

特にランチタイムのメニューは色々と豊富に揃っているのが嬉しいですよね〜。

リブのコンボも売られていますよ〜。

 

頼み方は、コンボを決めたら、まずサイドのお野菜を決めます。

サイドの種類は色々。

コーン、マッシュポテト、フライドポテト、クリーミースピナッチ、インゲン、ブロッコリー&人参などなど。

そしてお肉を乗せてもらい、そのままお会計へ!

お会計側にはクッキーなどのデザートもあるので、お好みに合わせて是非〜。

私が頼んだのはリブコンボ。

コーンとクリーミースピナッチをサイドに選び、1つコーンブレッドがついています。

一人で食べるにはかなりのボリュームでした!

 

Boston Marketのホームページはこちら→Boston Market

 

ウエストチェスターの店舗

Cross County Shopping

住所:3100 Xavier Dr, Yonkers, NY 

Scarsdale

住所:654 Central Park Ave, Scarsdale, NY

Mamaroneck

住所:667 W Boston Post Rd, Mamaroneck, NY

営業時間:3店とも

月 – 土 11am – 10 pm

日 11am – 9 pm

 

まとめ

「気軽に食べたいけどファーストフードよりちゃんとしたものが食べたい〜」なんて時にぴったりのBoston Market。

しっかり肉ものとお野菜がいただける気軽なレストランです。

自分でオーダーし取りに行くタイプなので、チップもいらず懐に優しいのもいいですよね。

もし、お近くにあれば試してみてくださいね。

 

最後まで読んんでくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください